スマホの充電速度を測定可能! Ampere 急速充電も

アプリ

今回紹介するのはAndroidのアプリのAmpereというアプリです。Ampereとは電流という意味なのでそのままな名前ですね。

あなたはスマートフォンの充電が遅いと思ったことは有りませんか?
そんな時このアプリを入れていればどれくらいの速度で充電しているかわかります。

今回私は、USBテスターと比較しながらどれくらい正確なのか、どのような表示のちがいが有るか試してみました。
使い方は起動するだけで十分使えるので省略します。

スポンサーリンク

測定環境

USBテスター

モバイルバッテリーは2つ使いました。
ドコモ モバイルバッテリー03
aukeyのQuick Charge 2.0対応のPB-T1

二画面! YotaPhone 2 YD206レビュー
YotaPhone 2を購入しましたのでレビューをしようと思います。 YotaPhone 2 パッケージ EverBuyingさんから購入したのですがひどいです。明らかに輸送時ではなく最初から箱が崩壊してます。 ...

今回使用したスマートフォンはこちらのYotaPhone2です。

アプリ検証

普通の充電でテスト

ampere-app01

samsung SC-04G (4.3mm, f/1.9, 1/250 sec, ISO400)

こちらのテストでは普通の5Vの充電を試してみました。

結果を表にしたものがこちらです。

測定結果電流W(ワット)
アプリ1.07A不明
USbテスター1.38A6.834W
USbテスター(5V換算)1.3668A6.834W

5Vとしては十分な速さがででいます。USBテスターの数字と比べなぜかアプリでのアンペアの数字が低いですね。

急速充電でテスト

ampere-app02

samsung SC-04G (4.3mm, f/1.9, 1/100 sec, ISO100)

ampere-app03

samsung SC-04G (4.3mm, f/1.9, 1/100 sec, ISO100)

 

次はQuick Charge 2.0でテストしてみました。
テスト中に電圧、電流がブレてアプリの反映が遅いようでしたので、USBテスターの数字とあってそうなものを2枚抜き出したものが上記の画像です。
結果を表にしたものがこちらです。

測定結果電流W(ワット)
アプリ①1.68A不明
アプリ②1.77A不明
USbテスター①1.39A12.441W
USbテスター①(5V換算)2.4882A12.441W
USbテスター②1.17A10.486W
USbテスター②(5V換算)2.0972A10.486W

1枚目が①、2枚目が②と表記しています。

Quick Chargeですとやはり大分速いですね通常の充電の二倍近い速さで充電されていることがわかります。

アプリで表示しているのはどうやら5V換算のアンペアみたいです。

スマートフォンの消費電力をテスト

ampere-app05

消費電力をアプリで計測してみました。

画像にもある通り0.33Aから0,81Aまでの幅がありました。その中で一番多かったのは0.35A程度でした。
ampere-app06
おまけYotaMirrorでも消費電力を計ってみました。
有機ELのディスプレイに比べとても消費電力が低いのが数字でわかりました。

まとめ考察

以上の結果からGooglePlayのアプリ説明文とおりスマートフォンへの充電から消費電力を引いてたものをアンペアとして表示しているようです。

大体の充電のアンペアを出すことが出来るのでもっと細かく知りたい方以外は満足出来るアプリです。気になった方はこちらからダウンロード出来ます。

Ampere

Ampere
開発元:Braintrapp
無料
posted with アプリーチ

私はこちらと同じくQuick Charge 3.0対応の物を普段充電に使ってます。Quick Charge 3.0対応のポートが2つ有って大変便利です。

モバイルバッテリーはこちらの2つがおすすめです。モバイルバッテリーの入力もQuick Charge 3.0対応が良ければ下のモバイルバッテリーは対応です。

コメント