【受信も送信も】Inateck Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター Bluetooth レシーバー BR1002 レビュー

レビュー

今回レビューするのはBluetoothの送信機や受信機になるInateckのBluetoothワイヤレスオーディオトランスミッターBR1002です。
Inateck様から提供して頂きレビューしております。

スポンサーリンク

梱包、付属品

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-01

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-04

商品の絵が描かれたスリーブ状の紙の中に黒いダンボールが入った構造になっています。Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッターが入っていた部分は黒いスポンジになっており、Bluetooth レシーバーがガッシリ嵌まっているので輸送中に傷が付く心配は無さそうです。黒いスポンジの下側のダンボールの蓋が被せてある部分にmicroUSBケーブルと両端が3.5mmのステレオミニ端子のケーブルが入っています

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-03

付属品画像にある通りmicroUSBケーブルと両端が3.5mmのステレオミニ端子のケーブルと説明書が入っています。説明書には日本語の説明も有るのでこういったBluetooth レシーバーだとよくある説明書が英語のみで設定を理解するのに少し時間がかかると言うことがありません。

外見

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-08

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-11

技適マークが付いています。技適番号を検索すると複数の機器がヒットしたのでどうやらBluetoothモジュールで認証を通しているみたいです。

製造国は中国です。

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-09

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-06

Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター本体はつや消しのマットブラックの仕上げになってます。多機能ボタンと送信受信スイッチが赤で黒の躯体に映えます。
充電用にmicroUSB端子が1つと3.5mmのステレオミニイヤホンジャックがありこれは受信機として使うときには3.5mmのミニイヤホンジャックから音楽等を聴くことが出来ます。また、送信機として使う時には入力として使用します。

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-05

オーディオレシーバーはかなり小型で単3電池を2本横に並べた ほどの大きさです。厚みはスマートフォンの厚み程度の大きさです。

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-02

本体重量はBluetoothワイヤレスオーディオトランスミッター のみで12gです。なかなか軽量だと言えるのでは無いでしょうか。

Bluetoothワイヤレスオーディオトランスミッターのペアリング方法

最初は受信機としての設定方法を説明しいたします。
Bluetoothレシーバーの側面の赤いスイッチを電源を切った状態でRXに合わせます。次にペアリングしたいBluetooth親機を用意します。今回はAndroidタブレットのXperia Z4 Tabletを使用しました。

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-18

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-19

説明書の説明によると多機能ボタンと表記されている中央の赤い丸のボタンを電源がOFFの状態で9秒長押しします。
そうすると上の画像のようにInateckのロゴを下にした場合で説明すると上側と左側に交互にLEDが点滅します。この状態が受信機としてペアリングモードになったサインです。

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-15

クイックセティングパネルやホーム画面やドロワー(アプリ一覧画面)から歯車アイコンを押してAndroidの設定画面に移動します。次にAndroidの設定画面からBluetoothを押しBluetoothの設定画面に移動します。
まず、Bluetoothを画像の赤い枠で囲まれたトグルをONにします。画像がONになった状態です。

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-16

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-12

赤く囲まれたメニューキーを押します。そうするとメニューが開くので検索を押します。

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-14赤い四角で囲まれた部分にInateck Bと表示されいるのがわかると思います。こちらをタップしてペアリングします。使用可能な機器の名称は今回のXperia Z4 TabletはInateck Bと表記されていますが他のスマートフォンではInateck BR 1002と表記されていたのでInateck BR 1002と表示されていた場合もタップしてペアリングにしてください。

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-17

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-13

上記の画像の様にペア設定をするか聞かれるのでペア設定するを押して下さい。今回の商品はマイクが無く通話機能が付いていない為、自分の連絡先や通話履歴へのアクセスの許可は要らないと思います。

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-20

ペアリング設定が正しく出来ていれば上の画像の様にペアリングされた機器にInateck BR 1002が表示され接続となっているはずだと思います。上手く設定できていなければもう一度Inateck BR 1002の電源を切って設定し直しましょう。

iOSの場合同じような手順でBluetoothをONにして検索、ペア設定を行えば接続出来ると思います。

今度は送信機としての設定方法を説明します。送信機として使う場合は今回も電源を入れていない状態で赤いスイッチをTXにスライドさせます。

inateck-bluetoothwireless-audio-transmitter-bluetooth-bluetooth-receiver-br1002-review-18

多機能ボタンを電源がOFFの状態で9秒長押しします。そうするとペアリング出来る状態になり上の部分のLEDが点滅します。
ペアリングしたいBluetooth子機例えばBluetoothスピーカーなどをペアリングモードにします。うまくペアリングが出来ると上のLEDが四秒ごとに2回点灯します。上手く行かない事が私は多かったので根気強く設定して下さい。

音質

受信機として使った場合の音質はインピーダンス、感度が高いイヤホンですとホワイトノイズが目立つ感じがありました。これは多分Bluetoothレシーバーの出力が高めなのでヘッドホンやスピーカー用の設計なのでしょう。
レシーバー単品として音質を評価するのは難しいですが、特に私の聴感では特にどの音域が強調されていると言う印象は受けませんでした。
Bluetoothレシーバーなので仕方ありませんが高音や低音が削られている感じや音場が狭くなっている印象を受けました。解像感や情報量が減った気がします。また、Bluetooth接続なので仕方ありませんが少し遅延が有ります。対応コーデックはどうやらSBCのみの対応のようです。
音質は十分次第点ではあると思います。劣化が全く気にならない人もいるかもしれないぐらいのレベルです。

送信機としての音質はあんまり手持ちに良いBluetoothのオーディオ機器が無いのであまり参考にならないかもしれませんがやはり相応に劣化している印象が有ります。Bluetoothに対応している機器で直接送信した場合よりも良くない印象を受けました。

まとめ

私の使い方ですとほとんどの機器がBluetooth対応なのであんまりBluetoothの送信機としては使うことは余り無いかもしれません。また、送信機としては使う場合のペアリング台数が1台までの制限があるのでその制限が残念です。

受信機として使う場合はボタンが1つしかなく一時停止と再生しか出来ないので割り切った運用が必要です。前にも書いた様にかなり小型で軽量なので携帯し易いかと思います。受信機としてモードですとペア設定が8台まで設定出来るので十分かと感じます。

音質のレビューはイヤホンはSONYのMDR-EX800ST、ヘッドホンはULTRASONEのHFI-780行いました。送信機としてのレビュー時にはAUKEYのBluetoothスピーカーSK-M12を使用しました。

とにかく小型なBluetoothワイヤレスオーディオトランスミッターが欲しい方におすすめします。

コメント