ヤマダウェブコムでZenfone 3 Max(ZC520TL)とarrows m03が6月9日の10時からセール予定

Zenfone 3 Max(ZC520TL) セール

ヤマダウェブコムでZenfone 3 Max(ZC520TL)とarrows m03が6月9日の10時からセール予定です。

セール対象品は変更になる可能性があります。

前回のセール時の価格はZenfone 3 Max(ZC520TL)が税込み13,824円、arrows m03が税込み22,464円でした。

今回もZenfone 3 Max(ZC520TL)が税込み13,824円、arrows m03が税込み22,464円でした。

Zenfone 3 Max(ZC520TL)は売り切れました。

セール期間は今日(6月9日)までです。またSIMカードが付属していますが契約の義務はありません。

※SIMセットをご利用の際は、1ヶ月以内のアクティベーション(開通手続き)をお願いいたします。

と記載が有るのは使用する場合は1ヶ月以内に開通して下さいという意味です。

スポンサーリンク

Zenfone 3 Max

外見

asus-japan-zenfone-3-max-zc520tl-04

asus-japan-zenfone-3-max-zc520tl-07

asus-japan-zenfone-3-max-zc520tl-06

スペック

OSAndroid 6.0
カラーシルバー、ゴールド、グレー
SoCMediaTek MT6737M
(クアッドコアCPU)1.25GHz
ディスプレイ5.2型 IPS 1,280×720ドット (HD)
メモリー2GB(LPDDR3)
ストレージ16GB
カメラリアカメラ:1,300万画素、LEDフラッシュ
フロントカメラ:500万画素
サイズ高さ約149.5mm×幅約73.7mm×奥行き約8.55mm
重さ約160g
バッテリー4100mAh
対応周波数FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/
B8/B18/B19/B26/B28
TD-LTE:B38/B41
W-CDMA:B1/B2/B5/B6/B8b
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
Wi-FiIEEE802.11b/g/n
BluetoothBluetooth 4.0
USBポートmicroUSB
SIMスロットmicroSIMスロット×1、nanoSIMスロット×1
microSDスロット対応(nanoSIMスロットと排他)
センサーGPS、加速度センサー、電子コンパス、光センサー、
近接センサー、指紋センサー
付属品ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、
OTGケーブル、説明書、保証書

紹介

この機種の売りはバッテリー持ちです。前のZenFone Maxよりは900mAh減りましたがそれでも4100mAhと大容量です。

また、低価格でも指紋センサーを搭載しているのはかなりいいと思います。

イマイチな点は低価格なので仕方が無いですがUSBポートがmicroUSBなのが残念です。

性能についてはMT6737Mそのものではなく性能アップ版のMT6737Tのベンチマークになりますが、ある程度参考になると思いますのでこちらの記事を参考にして下さい。

ちなみに少し前に5.5インチで大分スペックが違うバリエーションモデルのZenFone 3 Max (ZC553KL)が日本で発売されました。

今回も前回と同じ税込み13,824円でしたらけっこう良いと思います。

Zenfone 3 Max シルバー

Zenfone 3 Max グレー

Zenfone 3 Max ゴールド

 

arrows m03

arrows m03

スペック

メーカー富士通
 サイズ高さ:144mm幅:72mm厚さ:7.8mm
重量約141g
OSAndroid6.0
ディスプレイ約5.0インチ 720×1280 HD IPS
CPUQualcomm Snapdragon 410 クアッドコア
メモリ2GB
ストレージ16GB
SDスロットmicroSDXCまでの対応
カメラリアカメラ 約1,310万画素
フロントカメラ 約500万画素
バッテリー2,580mAh
SIMスロットnano SIMスロット
対周波数帯GSM:850/900/1800/1900MHz
3G :Band1/5/6/8/19
LTE:1/3/8/19/26
VoLTEau VoLTE対応
Wi-Fi802.11 a/b/g/n
Bluetooth4.1 LE
防水/防塵IP68
お財布ケータイ対応
付属品ACアダプタ、取扱説明書、保証書

紹介

この機種の特徴はau VoLTE対応、防水防塵、お財布ケータイ対応です。

その中でもお財布ケータイはSIMフリーのスマートフォンでは対応機種がかなり少ないのでお財布ケータイが欲しい場合arrows m03を購入すると言うのは割りとアリだと思います。

また、触れていませんでしたがMIL規格準拠なので衝撃などにも強いです。残念なところは指紋認証に対応していないところです。

SoC(CPU)のスペック的には優れているとは言い難いですがお財布ケータイや防水などの付加価値の部分に魅力を感じる方は購入すると良いと思います。

SH-M04と比較するとワンセグの有無とSoC(CPU)、au VoLTEまた、ソフトバンクが使用しているバンドに対応しているかなどの違いがあります。

ドコモ系のMVNO(格安SIM)以外を使う予定が有るのであればarrows m03の方がおすすめ出来ます。

購入リンク

arrows M03 ホワイト

arrows M03 ピンク

arrows M03 ブラック

コメント