ヤマダウェブコムでZenFone Go、Moto G4 Plusがセール24日まで

Moto G4 Plus セール

ヤマダウェブコムでZenFone Go(ZB551KL)が10,778円、Moto G4 Plusが23,544円にセールしています。

セール期間はおそらく今日(6月24日)までです。

またSIMカードが付属していますが契約の義務はありません。

※SIMセットをご利用の際は、1ヶ月以内のアクティベーション(開通手続き)をお願いいたします。

と記載が有るのは使用する場合は1ヶ月以内に開通して下さいという意味です。

スポンサーリンク

Moto G4 Plus

Moto G4 Plus

スペック

メーカーMotorola
カラーホワイト、ブラック
OSAndroid 6.0.1 Marshmallow
SoCQualcomm Snapdragon 617(オクタコア)
カメラリアカメラ: 約1,600万画素 F2.0
レーザーオートフォーカス、位相差オートフォーカス、デュアル LED フラッシュ
フロントカメラ: 約500万画素 F2.2
サイズ153×76.6×7.9 mm ~ 9.8 mm
重さ157g
バッテリー3000mAh
microSDスロットmicroSDXC
ストレージ32GB
メモリー3GB
ディスプレイ5.5インチ 1920 x 1080(FHD)
対応周波数LTE Band 1/3/5/7/8/19/20/28/40

3G Band 1/2/5/8/19

GSM 850/900/1800/1900MHz

SIMスロットmicroSIM×2
同時待ち受けLTEと3Gの同時待ち受けに対応
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n
Bluetoothバージョン4.1 LE
センサー加速度計 ジャイロスコープ アンビエントライト
指紋認証対応

紹介

Moto G4 Plusの特徴はLTEと3Gの同時待ち受けに対応している点です。通話用に分けていた携帯をまとめる等の使いみちが考えられます。microSDスロットがSIMスロットと別なのが嬉しい点です。

Moto G4 Plusの初期OSはAndroid 6.0.1 MarshmallowですがMoto G4 PlusにはAndroid 7.0 Nougatが来ています。

ソフトウェア面はほとんど素のAndroidを搭載しているのでメーカーカスタマイズが好きでない方におすすめ出来ます。

搭載SoC(CPU)のSnapdragon 617は今ですとMoto G5に搭載されているSnapdragon 430と同じくらいの性能です。

ピュアAndroid搭載 Motorola Moto G5 レビュー
Motorola Moto G5を購入しましたのでレビューいたします。 この機種の特徴はFHDディスプレイ、ほとんど素のAndroid搭載、DSDSにアップデートで対応、バッテリー取り外し可能、アルミリアパネルなどです。 Moto ...

購入リンク

Moto G4 Plus ホワイト

ZenFone Go(ZB551KL)

ZenFone Go

スペック

OSAndroid 5.1
カラーブラック、ホワイト、ブルー、レッド、ピンク
SoCQualcomm Snapdragon 400 クアッドコア
ディスプレイ5.5型 IPS 1,280×720ドット (HD)  IPS
メモリー2GB(LPDDR3)
ストレージ16GB
バッテリー3010mmAh
カメラリアカメラ:800万画素
デュアルカラーLEDフラッシュ
フロントカメラ:500万画素
サイズ高さ151mm×幅76.9mm×奥行き10.7mm
重さ160g
対応周波数EDGE/GSM :
850/900/1800/1900
3G :W-CDMA 800(6)/800(19)/850(5)/900(8)/
1900(2) /2100(1)
TD-LTE :
Band 38
4G :
FDD-LTE:
Band 1/3/5/6/7/8/9/18/19/28
Wi-FiIEEE802.11b/g/n/
BluetoothBluetooth 4.0
USBポートmicroUSB(USB 2.0)
SIMスロットmicroSIMスロット×2
microSDスロットmicroSDXCまでの対応
センサーGPS、電子コンパス、光センサ、加速度センサ、近接センサ、磁気センサ
付属品USB ACアダプターセット、イヤホンマイク、ユーザーマニュアル、製品保証書など
保証期間1年間

紹介

正直だいぶ型落ちなのでイマイチな部分も多いですがこの製品の魅力はau VoLTE対応な点です。

au系の格安SIMを契約しようと思っていた方や使用中の方にはオススメです。

OSアップデートはないと思いますが、もともとが安い機種を買うよりは値下がりした機種を買ったほうがスペック的には良いと思います。

Snapdragon 400搭載のメモリー2GBなのでローエンドですが定価が1万円台の機種より性能としてはすぐれていると思います。

ZenFone Go ホワイト

ZenFone Go ブラック

ZenFone Go ブルー

ZenFone Go レッド

ZenFone Go ピンク

コメント