ヤマダウェブコムでAQUOS SH-M04、Moto G4 Plusなどをセール7月13日まで

シャープ SH-M04 セール

ヤマダウェブコムでAQUOS SH-M04、Moto G4 Plus、ZenFone 3 (ZE520KL)をセールしています。

セール対象品は変更になる可能性があります。

今回の価格はAQUOS SH-M04が税込み22,248円、Moto G4 Plusが税込み23,544円、ZenFone 3 (ZE520KL)が税込み32,184円です。

セール期間は今日(7月13日)までです。またSIMカードが付属していますが契約の義務はありません。

※SIMセットをご利用の際は、1ヶ月以内のアクティベーション(開通手続き)をお願いいたします。

と記載が有るのは使用する場合は1ヶ月以内に開通して下さいという意味です。

スポンサーリンク

AQUOS SH-M04

スペック

メーカー シャープ
カラー ホワイト、ネイビー
OS Android  6.0
SoC Qualcomm Snapdragon 430(オクタコア)
カメラ リアカメラ: 約1,310万画素
F2.2
フロントカメラ: 約500万画素
サイズ 約143×71×8.3mm
重さ 約138g
バッテリー 2700mAh
microSDスロット microSDXC
ストレージ 16GB
メモリー 2GB
ディスプレイ 5.0インチ 1,280×720(HD) IGZO
防水 IPX5/IPX8
防塵 IP6X
対応周波数 LTE Band 1/3/19/26

3G Band 1/6/19

SIMスロット nanoSIM
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n
Bluetooth バージョン4.2
テレビチューナー 非対応
お財布(FeliCa) 対応

紹介

シャープ AQUOS SH-M04に搭載されているSoCはSnapdragon 430になります。
Snapdragon 4xxシリーズはローエンドからローミドルに位置づけられるSoCですが前によく使われていたSnapdragon 410と比べCPUが倍のオクタコアに増えかなり性能が上がり、ミドルレンジのSnapdragon 617のAntutu Benchmarkのスコア約4万3千点を同程度の4万2千です。

詳しいベンチマークの値はこちらのページを参考にしてください。

バンドの対応的にはドコモやドコモ系のMVNO(格安SIM)で使うのに向いています。バンド26に対応していますがau VoLTEには対応していません。

arrows M03と比較すると性能的にはSH-M04が優れています。arrows M03はワンセグとau VoLTEに対応していますので自分の必要な機能で判断しましょう。

防水やおサイフケータイが欲しいのでしたらAQUOS SH-M04はかなり良いと思います。

購入リンク

シャープ SH-M04 ネイビー

シャープ SH-M04 ホワイト

Moto G4 Plus

Moto G4 Plus

スペック

メーカー Motorola
カラー ホワイト、ブラック
OS Android 6.0.1 Marshmallow
SoC Qualcomm Snapdragon 617(オクタコア)
カメラ リアカメラ: 約1,600万画素 F2.0
レーザーオートフォーカス、位相差オートフォーカス、デュアル LED フラッシュ
フロントカメラ: 約500万画素 F2.2
サイズ 153×76.6×7.9 mm ~ 9.8 mm
重さ 157g
バッテリー 3000mAh
microSDスロット microSDXC
ストレージ 32GB
メモリー 3GB
ディスプレイ 5.5インチ 1920 x 1080(FHD)
対応周波数 LTE Band 1/3/5/7/8/19/20/28/40

3G Band 1/2/5/8/19

GSM 850/900/1800/1900MHz

SIMスロット microSIM×2
同時待ち受け LTEと3Gの同時待ち受けに対応
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n
Bluetooth バージョン4.1 LE
センサー 加速度計 ジャイロスコープ アンビエントライト
指紋認証 対応

紹介

Moto G4 Plusの特徴はLTEと3Gの同時待ち受けに対応している点です。通話用に分けていた携帯をまとめる等の使いみちが考えられます。microSDスロットがSIMスロットと別なのが嬉しい点です。

Moto G4 Plusの初期OSはAndroid 6.0.1 MarshmallowですがMoto G4 PlusにはAndroid 7.0 Nougatが来ています。

ソフトウェア面はほとんど素のAndroidを搭載しているのでメーカーカスタマイズが好きでない方におすすめ出来ます。

搭載SoC(CPU)のSnapdragon 617は今ですとMoto G5に搭載されているSnapdragon 430と同じくらいの性能です。

ピュアAndroid搭載 Motorola Moto G5 レビュー
Motorola Moto G5を購入しましたのでレビューいたします。 この機種の特徴はFHDディスプレイ、ほとんど素のAndroid搭載、DSDSにアップデートで対応、バッテリー取り外し可能、アルミリアパネルなどです。 Moto ...

購入リンク

Moto G4 Plus ブラック

Moto G4 Plus ホワイト

ZenFone 3 (ZE520KL)

ZenFone 3 (ZE520KL)

スペック

OS Android 6.0
カラー サファイアブラック、パールホワイト、クリスタルゴールド
SoC Qualcomm Snapdragon 625 オクタコア
ディスプレイ 5.2型 IPS 1920×1080ドット (FHD) Gorilla Glass 3
メモリー 3GB(LPDDR3)
ストレージ 32GB
バッテリー 2,650mAh
カメラ リアカメラ:1600万画素、レーザーオートフォーカス、デュアルカラーLEDフラッシュ
フロントカメラ:800万画素
サイズ 高さ約146.8mm×幅約73.9mm×奥行き約7.69mm
重さ 約144g
対応周波数 FDD-LTE:B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/
B19/B26/B28
TD-LTE:B38/B39/B40/B41
W-CDMA:B1/B2/B4/B5/B6/B8/B19
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz
同時待ち受け 3GとLTEの同時待ち受けに対応
VoLTE au VoLTE対応
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.2
USBポート USB Type-C(USB 2.0)
SIMスロット microSIMスロット×1、nanoSIMスロット×1
microSDスロット microSDXCまでの対応(nanoSIMスロットと排他)
センサー GPS(GLONASS、Beidouサポート)/加速度/電子コンパス/光/磁気/近接/ジャイロ/指紋/RGBセンサー
付属品 USB ACアダプターセット、ZenEar、
ユーザーマニュアル、製品保証書
保証期間 1年間

紹介

最近は対応するスマートフォンも多くなりましたがこのスマートフォンの特徴は同時待ち受けに対応している点です。au VoLTEにも対応しているのでUQモバイルなどでも音声通話が可能です。

LTE Bandの対応も多くWi-Fiもacに対応しています。

Android7.0のアップデートが来ていますので最新に近いOSが使えます。

ASUS Japan、Android 7.0 Nougatへのアップデートを「ZenFone 3(ZE520KL/ZE552KL)」、「ZenPad 8.0(Z380M)」へ開始
ASUS Japanは「ZenFone 3(ZE520KL/ZE552KL)」、「ZenPad 8.0(Z380M)」へAndroid 7.0 Nougatへのアップデートを5月15日12時より提供開始します。 Android 7.0 N...

ZenFone 3 サファイアブラック

ZenFone 3 パールホワイト

コメント