Amazon、Fire HD 10を発表 1万円台で高解像度

Fire HD 10 ニュース

Amazonは9月19日、Fire HD 10 の発売を発表しました。1万円台と低価格ですが1920×1200WUXGAの高い解像度のディスプレイを搭載しています。

スポンサーリンク

Fire HD 10

スペック

OS Fire OS
SoC MediaTek MT8173 クアッドコア
ディスプレイ 10.1インチ 1920×1200WUXGA IPS
ストレージ 32/64GB
カメラ リアカメラ:200万画素
フロントカメラ:30万画素
サイズ 262×159×9.8mm
重さ 500g
バッテリー 10時間
Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac MIMO
Bluetooth Bluetooth 4.1
USBポート microUSB
microSDスロット microSDXCまでの対応
センサー  環境光センサー、加速度センサー
その他 Dolby Atmos Audio デュアルステレオスピーカー
主な付属品 USB ACアダプターセット、スタートガイド、保証書
保証期間 1年間

価格

32GB版 税込み1万8980円

64GB版 税込み2万2980円

プライム会員はクーポンコード「PRIMEFIRE10」で4000円引き

発売日

10月11日

紹介

Fire HD 10の今回でた新型は解像度が上がり、WUXGAになりました。私としては10インチクラスのタブレットですとこれくらいの解像度は最低限欲しいのでプライム会員なら税込み1万4980円と言う低価格で実現しているのは素晴らしいと思います。

搭載OSのFire OSはAndroid OSがベースの物です。基本的にGoogle Playストアが使えないのでAmazonアプリストアやapkファイルからアプリをインストールして使うことになります。

搭載するSoCはMediaTekのMT8173でAntutu Benchmarkでは5万点以上は出るくらいのもので性能は低価格にしてはかなり良いです。他のSoCとの比較にはこちらのページを使ってください。

Wi-Fi部分はWi-Fi acに対応し、更にMIMOにも対応しているので高速で安定して通信が可能です。

その分外見は少しばかりイマイチかと思います。また、センサーやカメラもかなりしょぼい感じです。

コメント