格安SIM(MVNO)2017年9月のスピードテスト UQ mobileがダントツの結果に

SIMカード レビュー

UQ mobileや楽天モバイルも契約したのでスピードテストした結果をお伝えします。

スポンサーリンク

スピードテスト

測定条件

測定場所東京都心
測定日9月20日
測定端末Xperia XZ Premium SO-02J(ドコモ SPモード)

Galaxy S8 SCV36(au LTEnet)

Huawei nova(UQ mobile)

Xperia Z3 SO-01G(楽天モバイル ベーシックプラン)

Huawei P10 Plus(楽天モバイル mobile.jp)

Huawei MediaPad M3(LINEモバイル)

 測定方法Speedtest.netでサーバーをつくばサーバーに設定して測定

測定はできるだけ同じタイミングで行った

8時台

格安SIM(MVNO)2017年9月のスピードテスト

8時台Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)35ms92.85Mbps20.58Mbps
au(LTEnet)38ms61.26Mbps20.20Mbps
UQモバイル45ms53.69Mbps1.82Mbps
楽天モバイル(ベーシックプラン)37ms0.19Mbps0.25Mbps
楽天モバイル(mobile.jp)38ms71.73Mbps15.21Mbps
LINEモバイル36ms26.17Mbps18.11Mbps

8時台はどこも高速ですがその中でもドコモは断トツで速いです。

楽天モバイルも高速です。楽天モバイルはQoS(Quality of Service)がされているのか動画などの読み込みとスピードテストでの速度が一致しないことがありますが高い数値が出ています。

次にau、少しの差でUQモバイルと言った感じです。LINEモバイルは空いてる時間帯の割には速度が出ていません。

12時台

格安SIM(MVNO)2017年9月のスピードテスト

12時台Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)37ms100.77Mbps21.21Mbps
au(LTEnet)39ms53.63Mbps11.59Mbps
UQモバイル42ms39.89Mbps10.97Mbps
楽天モバイル(ベーシックプラン)37ms0.09Mbps0.08Mbps
楽天モバイル(mobile.jp)54ms1.62Mbps20.02Mbps
LINEモバイル58ms2.95Mbps17.36Mbps

混雑する12時台はドコモが安定しています。auやUQモバイルもそこまでの速度の低下は見られません。

楽天モバイルやLINEモバイルははっきりと速度が低下しています。特に楽天モバイルはかなり低速になっているので体感でもはっきり分かります。

18時台

格安SIM(MVNO)2017年9月のスピードテスト

18時台Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)38ms111.38Mbps22.95Mbps
au(LTEnet)40ms96.53Mbps19.06Mbps
UQモバイル47ms52.52Mbps11.19Mbps
楽天モバイル(ベーシックプラン)43ms0.15Mbps0.08Mbps
楽天モバイル(mobile.jp)35ms5.28Mbps12.60Mbps
LINEモバイル58ms2.39Mbps14.20Mbps

auは違うバンドを掴んだのか高速な結果になっています。UQモバイルは速度の低下はほぼない感じです。

今回は楽天モバイルの方がLINEモバイルに比べ数字の上では高速な結果になりました。

21時台

格安SIM(MVNO)2017年9月のスピードテスト

21時台Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)34ms109.98Mbps12.02Mbps
au(LTEnet)40ms104.95Mbps20.66Mbps
UQモバイル38ms62.23Mbps13.22Mbps
楽天モバイル(ベーシックプラン)33ms0.19Mbps0.19Mbps
楽天モバイル(mobile.jp)37ms16.07Mbps12.71Mbps
LINEモバイル54ms8.49Mbps15.39Mbps

21時台ですとそこまで混雑はしませんがそれなりにデータ通信が多い時間帯です。

ドコモ、auは安定しています。UQ Mobileは先程より若干速度が上がっています。

楽天モバイル、LINEモバイルともにそれなりの速度で通信出来ています。今回も楽天モバイルの方が高速です。

24時台

格安SIM(MVNO)2017年9月のスピードテスト

24時台Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)37ms79.30Mbps14.89Mbps
au(LTEnet)39ms73.94Mbps19.56Mbps
UQモバイル37ms70.18Mbps11.97Mbps
楽天モバイル(ベーシックプラン)35ms0.19Mbps0.26Mbps
楽天モバイル(mobile.jp)37ms64.89Mbps13.14Mbps
LINEモバイル37ms34.37Mbps23.15Mbps

あまり朝の8時台と変わらない結果です。ドコモ、auが少し遅く、UQ モバイルの結果が高速です。

SIMの紹介

UQモバイル

当然ですが一番おすすめなのはUQモバイルです。どの時間帯も安定して高速に通信出来ています。

メインで使う前提ですと「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」を契約する必要があり、2年間使わないといけませんが「データ高速プラン」でしたら3GBで980円なので同時待ち受けに対応した端末をお持ちの方や通話が不要な方におすすめです。

また、UQ Mobileでは「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」場合、家族割(本人も可)があり500円引かれるので家族で通話プランを契約し、メインで使うと言う使い方が良いかと思います。

UQモバイル

楽天モバイル

以前は回線としてはあんまりおすすめではなかったですが今の感じですと混雑時以外はそれなりに良いかなと言った感じです。

Huawei P10 PlusにSIMを刺して使っていますが混雑時以外はそんなに不満はないです。私はモバイル回線で動画は見ないのでよく見る方はまた違った感想になるかも知れません。

楽天モバイルは9月からスーパーホーダイと言う5分間のかけ放題と最大1Mbpsの通信が無制限で行えるプランがセットになったプランを始めました。

また、格安SIMでは珍しくiPhoneの取扱を始めました。金額的に安くないのでさほどおすすめではないですがスーパーホーダイの割引と合わせて初期の費用が抑えられるのでそう言った点では良いかも知れません。

ベーシックプランは見て分かる通り画像の読み込みもきつい感じなのでそれこそメールしかしない程度でないと厳しいです。

楽天モバイル

LINEモバイル

LINEモバイルは以前はドコモ系のMVNOでは一番高速でおすすめでしたが速度が最近は速度が低下したまま戻っていないので速度の面だけですとさほどおすすめな回線とは言えなくなりました。

LINEモバイルはSNSの通信がカウントされないプランがあるのとLINEで年齢認証ができるのが利点です。そういった点に魅力を感じなければ他のSIMの方が良いかも知れません。

LINEモバイル

ワイモバイル

まだ私は契約していませんがワイモバイルはソフトバンクのサブブランドでSoftBankと全く同じ回線が使えます。その為当然ですが高速に通信出来ます。

家族割引がY!Mobileにもあるのでこちらも家族でメインに使うのに向いています。SIMカード単体での契約でもSプランで1万円、M/Lプランで1.5万円のキャッシュバックを行っています。

一般の人にはあまり関係ない気もしますがY!Mobileのバンドは1、3、8、41と世界で使われているバンドなので大部分のスマートフォンが快適に使用できます。

Y!Mobile

コメント