ERATO VERSE 完全ワイヤレスイヤホン レビュー

ERATO VERSE レビュー

前から欲しかった完全ワイヤレスイヤホン(トゥルーワイヤレスイヤホン)のERATO VERSEを購入したのでレビューします。

スポンサーリンク

ERATO VERSE

パッケージ

ERATO VERSE

パッケージは比較的普通な感じで特徴は無いかと思います。

ERATO VERSE

ERATO VERSE

充電ケースは説明書や保証書の下に隠れていました。充電ケースの中にはイヤホンも入っています。

付属品

ERATO VERSE

付属品は説明書、保証書、microUSBケーブル、充電ケースとイヤピースが3サイズ入っています。そのうち一つはイヤホンにすでに装着されています。

大体の人は持っていると思いますがUSB ACアダプターが付属していないので持っていない方は買った方が良いでしょう。

外見

充電ケース

ERATO VERSE

ERATO VERSE

ERATO VERSE

ERATO VERSE

ERATO VERSE

充電ケースは正直AppleのAirPodsの物によく似た印象を受けます。正直四角に丸みを付けただけなので似てないと言えば似てないかも知れないです。

表面の仕上げはつや消し仕上げになっていて目は細かい感じです。ヒンジは金属なので耐久性は期待できると思います。

LEDは四つ搭載されていて充電ケース自体の充電の表示の為が一つ、充電ケース自体の充電中の表示がもう一つ、更にイヤホン本体の充電の表示が二つ付いています。

イヤホンへの充電は金属のピン2つで行う形で当然ですが位置を合わせないと充電されません。

イヤホン

ERATO VERSE

ERATO VERSE

ERATO VERSE

ERATO VERSE

イヤホン本体もプラスチックなので高級感はないですが仕上がりはキレイです。気になるのはイヤホンの外側の充電端子がある部分がつや有りで他の部分がつや消しになのでその点は少し気に入りません。

両方のイヤホンに一つずつボタンが搭載されていてこの部分もつや有りになっています。

装着感

SpinFitイヤーピースを付属していますが密着度合いが高く外す時にイヤピースがめくれるぐらいです。

私としてはイヤホン自体も軽量で装着感は十分良いと思います。イヤホン自体が密着する様な形状ではないので嫌な方ももしかしたらいるかも知れないです。

総合的には装着感はかなり良いといえます。

音漏れ、遮音性

音漏れはダイナミック型で密閉されていないので普通か少し悪いか程度です。遮音性も普通かと思います。

Bluetooth

音量はイヤホンで調整出来る音量と端末の音量が連動していないタイプです。

対応したスマートフォンではバッテリー残量の表示が可能でした。確認したのはV20 PROとHuawei P10 Plusです。

aacコーデックでの接続がV20 PROで出来ました。あんまり違いは感じないです。

Bluetooth接続

ERATO VERSEはケースから取り出す時にイヤホン自体を左右に振ってから取り出すと電源が入ります。ボタンを押して電源を入れた場合は自動的ペアリングします。振って電源を入れた場合はペアリングしません。端末を操作して接続する必要があります。

複数ペアリングしていると最後に接続した端末に接続しに行くので手動で接続したい端末でBluetooth接続する必要があります。
※もう一度ペアリングし直す必要はないです。

少し便利な機能として親機の左側は片側のみでスマートフォンとペアリング出来ます。

接続安定性

左右のイヤホン同士の接続が切れるのか一瞬ブツッと切れる時たまにあります。親機が左側なので右側のイヤホンが切れます。

追記端末に依って飛びやすさが違う気がしますHuawei P10 Plusは他のLG V20 PRO、Xperia XZ Premium、Galaxy S8より少し音飛びが多い印象です。

電車では試してないので試したら追記しようと思います。

試した結果電車の中で特別切れやすいと言うのは有りませんでした。どちらかと言うとスマートフォンを右に入れると左に入れた時より音飛びを多く感じました。

音質

音のバランスはいわゆるドンシャリな感じです。低音部分の量が多いですがこもっている感じはないです。

高音部分はグラフェンを使って為か少し刺さる感じがないとも言えないです。私としては全く気になりませんもっと出ても良いくらいです。

解像感はそこまでは高くはないと思います。透明感みたいな音がハッキリしている感じがないです。

あんまり聴いていてそんな感じはしないですが実際は上下が切られていると思います。特に低音部分は聞こえない音があります。

微妙なホワイトノイズとジジジジみたいなノイズがあります。曲を流している時には気になりませんが無音時には気になります。

音質は当然有線のイヤホンに比べてしまうと良くはないですが、音楽を聴こうと思えるぐらいには音質は良いです。

遅延

そんなに試して訳ではないですが遅延は大きめです。明らかに映像に対して音が遅れて聞こえます。セリフと口が有っていなく気持ち悪いです。アプリによっては遅延を調整できる物や自動的に調整するものもあるので動画を見たければそういったアプリを使うと良いでしょう。

ボタン

ボタンが左右に付いています。イヤホンの裏側にボタンが付いている訳ではないのでボタンを押す時にイヤホンが押し込まれないので快適です。

イヤホンのボタンの機能は下記の通りです。

  • 電源onは1秒間の長押し
  • 電源onは3秒間の長押し
  • ペアリングは電源offの状態から左側のイヤホンのボタンを3秒間の長押し
  • 音楽の再生、一時停止は1回押し
  • 着信時に左側のイヤホンのボタンを押すと着信に出る
  • 音楽の再生中に左のイヤホンのボタンを2回押しで音量ダウン、右のイヤホンのボタンを2回押しで音量アップ
  • 音楽再生中に1秒間の長押しで左のイヤホンの場合は前の曲、右のイヤホンの場合は次の曲
  • 通話中の左イヤホンのボタンの長押しで終話
  • 音楽再生停止中に左イヤホンのボタンを2回押すと音楽Google アシスタントまたはSinの起動

ボタンの機能がかなり豊富でとても便利です。左右で違うので若干ややこしさはありますが音楽関係は左右対称の割り当てになっているのでそんなには戸惑わないと思います。

何故かGoogle アシスタント起動はうまくいかない端末が1台ありましたが他の確認した端末はすべて起動できています。

まとめ

他のトゥルーワイヤレスイヤホンを買った事がないので有線のイヤホンやBluetoothイヤホンとの比較になりますがかなり出来が良く買ってよかったと思える製品です。

音もまあまあ良いですし、特にボタンの機能が便利です。価格は定価で税別14,880円、Amazonですともう少し安く買え価格も手頃です。

ペアリングの仕様を修正

コメント