Huawei Japan 、日本向けに「Huawei honor 9」を発表

honor 9 ニュース

Huawei Japanは日本向けに「Huawei Huawei honor 9」を発表しました。主な特徴は15層のレイヤー構造が実現する光沢のある美しいガラスボディなどです。

スポンサーリンク

Huawei honor 9

スペック

メーカーHuawei
カラーサファイアブルー、グレイシアグレー、
ミッドナイトブラック(楽天モバイル限定)
OSAndroid7.0 Nougat/ Emotion UI 5.1
カメラリアカメラ RGBセンサー 1200万画素 F2.2
リアカメラ モノクロセンサー 2000万画素
フロントカメラ 800万画素 F2.0
サイズ147.3×70.9×7.45mm
重さ155g
ディスプレイ5.15インチ 1920 1080 FHD
SoCHuawei Kirin 960 オクタコア
メモリー4GB
ストレージ64GB
microSDスロットmicroSDXCまでの対応
バッテリー3200mAh
対応周波数FDD-LTE Band 1/3/5/7/8/19/20

TDD-LTE Band 38/40

3G Band 1/2/5/6/8/19

GSM 850/900/1800/1900MHz

下り最大150Mbps 上り最大50Mbps

同時待ち受けLTEと3Gの同時待ち受けに対応
SIMスロットnanoSIM×2
Blutooth4.2
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
指紋センサー搭載
USBUSB Type C

発売日

10月12日

価格

税別5万3800円

紹介

「Huawei honor 9」は「Huawei P10 」とほぼ同じスペックでカメラのレンズはLeicaのレンズではなくなっています。

デザイン面は「Huawei P10 」はアルミを主に使っていますが「Huawei honor 9」は以前のモデル「honor 8」と同じくは背面にガラスを採用しています。「honor 8」引き続き15層のレイヤー構造で美しい光沢を実現しています。

デザインとしては「Huawei P10 」よりは「Huawei honor 9」の方が私の好みのデザインです。

指紋センサーの位置は「Huawei P10 」と同じくフロント側に移動しています。

指紋センサーはホームボタンも兼ねていてまた、ホームボタンの横にはタッチセンサーの物理キーが搭載されていて左右でどちらにもタスクキーとバックキーが割り当てられます。タッチキーが使える点は「Huawei P10 」なく私がHuawei P10 Plusを使っていて不満に感じる点なので便利だと思います。

また、指紋センサー兼ホームボタンにはバックキーやタスクキーも割り当てる事も可能です。

急速充電は「Huawei P10 」が対応する5V以下の超急速充電(SuperCharge)には対応しませんが9V2Aの急速充電(QuickCharge)には対応しています。

通信面ではキャリアアグリゲーション(複数の帯域を束ねて高速に通信する技術)には対応していないの下り最大150Mbpsまでの速度でしか通信出来ません。格安SIMを使うのならあまり関係ないですが大手キャリアのSIMを使うなら差が出る部分です。

販売予定

IIJmio

gooSimSeller

OCN モバイル ONE

楽天モバイル

イオンモバイル

コメント