au、AQUOS R SHV39へAndroid 8.0 Oreoアップデートを配信開始

AQUOS R SHV39 ニュース

auはAQUOS R SHV39へAndroid 8.0 Oreoアップデートを12月5日より配信開始します。

スポンサーリンク

Android 8.0 Oreo アップデート

変更内容

  • AQUOS HOMEでドロワーを出す時にどこを上にスライドしても表示できる様になりました
  • アイコンバッジ機能の追加
  • 電話帳一覧画面のデザインが新しくなり見易くなりました
  • 発信前に番号を編集機能の追加
  • 登録済みの連絡先に含まれる番号を押すと候補が表示される様になりました
  • ピクチャー・イン・ピクチャーの対応

など

アップデート方法

「設定」→「端末情報」→「システムアップデート」と順に進み操作しアップデート出来ます。アップデート後のビルド番号は「02.00.03」になります。

アップデートのファイル容量は約1.17GBでLTE通信では通信量にカウントされるのでWi-Fi環境(固定回線)でのアップデートをオススメします。

アップデートには30分程度掛かりますので携帯を使用する予定がない時に行って下さい。

まとめ

シャープと言えばアップデートはしない、遅いと言うイメージでしたが今はキャリアのスマートフォンとしてはOreoへのアップデートに一番乗りです。

アップデートの更新内容を見る限りですとAQUOS HOMEにOreoからの機能を追加、電話帳アプリのブラッシュアップと言う感じでしょうか。

更新内容には記載されていませんがOreoからのその他の新機能にも対応している物と思われます。

個人的に良いと思うのはすべての機種に搭載される訳では無い様ですがaptXやaptX-HD、LDAC、AACのBluetoothコーデックに対応する点です。AndroidスマートフォンですとSBCや対応していてもaptX程度が多いので、OreoへのアップデートでBluetooth機器で高音質で聴けるのは嬉しいです。

参考 Google、「Android 8.0 Oreo」正式発表 起動速度が2倍に!

参考 Google、「Android O」Developer Previewのシステムイメージを公開

ソース

au

コメント