2018年1月格安SIM(MVNO)スピードテスト Y!Mobileがドコモ、auより速い結果に!

SIMカード レビュー

Y!Mobile(ワイモバイル)も契約したので1月のスピードテストの結果をお伝えします。

一応用語を説明するとPingは応答速度でダウンロード、アップロードは今回の場合1秒間にどれ位のデータを受信、送信出来るかと言う事です。

スポンサーリンク

スピードテスト

測定条件

測定場所東京
測定日1月26日
測定端末Xperia XZ Premium SO-02J(ドコモ SPモード)

Galaxy S8 SCV36(au LTEnet)

Huawei nova(UQ mobile)

Huawei P10 Lite(楽天モバイル)

Huawei Mate 10 Pro(Y!Mobile)

V20 PRO(LINEモバイル)

 測定方法Speedtest.netでサーバーをTokyo OPEN Projectに設定して測定

測定はできるだけ限り同じタイミングで行った。

8時台

スピードテスト結果グラフ

8時台①Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)33ms45.83Mbps2.02Mbps
au(LTEnet)38ms21.85Mbps6.69Mbps
UQモバイル29ms21.47Mbps5.28Mbps
Y!Mobile28ms149.37Mbps30.68Mbps
楽天モバイル(rmobile.co)28ms17.15Mbps1.85Mbps
LINEモバイル55ms13.42Mbps0.84Mbps

スピードテスト結果グラフ

8時台②Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)22ms50.68Mbps2.15Mbps
au(LTEnet)49ms11.53Mbps11.22Mbps
UQモバイル29ms16.26Mbps5.65Mbps
Y!Mobile19ms118.35Mbps29.11Mbps
楽天モバイル(rmobile.co)31ms17.05Mbps0.7Mbps
LINEモバイル294ms23.3Mbps1.25Mbps

朝の8時台はどの回線も速度が出ています。特にSoftBankの別ブランドのワイモバイルは100Mbps超えの下手な固定回線より速い速度が確認できます。

UQモバイルは若干ですがauの回線より良い結果になっています。楽天モバイル、LINEモバイルはそれなりの結果です。

12時台

スピードテスト結果グラフ

12時台①Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)31ms68.97Mbps21.49Mbps
au(LTEnet)30ms26.46Mbps18.73Mbps
UQモバイル45ms11.22Mbps5.5Mbps
Y!Mobile19ms49.33Mbps28.74Mbps
楽天モバイル(rmobile.co)47ms0.57Mbps35.7Mbps
LINEモバイル76ms2.4Mbps36.51Mbps

スピードテスト結果グラフ

12時台②Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)36ms87.89Mbps23Mbps
au(LTEnet)37ms30.03Mbps15.41Mbps
UQモバイル26ms12.53Mbps5.79Mbps
Y!Mobile28ms84.4Mbps25.65Mbps
楽天モバイル(rmobile.co)43ms0.77Mbps34.18Mbps
LINEモバイル76ms4.46Mbps36.02Mbps

12時台の混雑する時間帯はMVNOの落ち込みが酷く特に楽天モバイルは1Mbpsも出ていません。UQモバイルも端末の影響かもしれませんが速度が落ちてる様です。

Y!Mobileは安定して速度が出ています。LINEモバイルは意外とそれなりに速度が出ています。

18時台

スピードテスト結果グラフ

18時台①Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)32ms17.96Mbps16.42Mbps
au(LTEnet)37ms50.26Mbps17.79Mbps
UQモバイル28ms18.09Mbps8.76Mbps
Y!Mobile18ms21.26Mbps21.87Mbps
楽天モバイル(rmobile.co)33ms1.95Mbps20.85Mbps
LINEモバイル78ms2.04Mbps8.92Mbps

スピードテスト結果グラフ

18時台②Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)32ms15.11Mbps9.34Mbps
au(LTEnet)41ms57.44Mbps22.8Mbps
UQモバイル26ms15.58Mbps6.36Mbps
Y!Mobile19ms51.27Mbps28.71Mbps
楽天モバイル(rmobile.co)43ms0.96Mbps14.68Mbps
LINEモバイル76ms3.05Mbps11.21Mbps

一番混雑するだろう18時台は結果はこの通りです。

ドコモは測定した場所が悪かったのかあまり速度が出ていません。

楽天モバイル、LINEモバイルどっちもどっちな感じですが速度はLINEモバイルの方が若干いい結果で応答速度は楽天モバイルの方が良いです。

その他の回線は混雑の影響はあまり関係ない感じです。

21時台

スピードテスト結果グラフ

21時台①Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)30ms48.1Mbps1.72Mbps
au(LTEnet)38ms13.87Mbps4.81Mbps
UQモバイル30ms13.83Mbps4.04Mbps
Y!Mobile28ms98.65Mbps23.97Mbps
楽天モバイル(rmobile.co)31ms7.8Mbps1.72Mbps
LINEモバイル64ms7.74Mbps0.72Mbps

スピードテスト結果グラフ

21時台②Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)30ms45.65Mbps1.15Mbps
au(LTEnet)231ms16.94Mbps5.43Mbps
UQモバイル47ms25.9Mbps5.56Mbps
Y!Mobile27ms85.72Mbps24.5Mbps
楽天モバイル(rmobile.co)39ms5.83Mbps2.83Mbps
LINEモバイル1630ms2.52Mbps2.97Mbps

21時台は混み合うと言うほどではなく標準的な通信量だと思います。

楽天モバイルは速いとは言えませんがそれほど支障がない速度が出ています。UQモバイルも安定して速い速度が出ています。

24時台

スピードテスト結果グラフ

24時台①Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)30ms25.58Mbps6.32Mbps
au(LTEnet)41ms22.19Mbps4.62Mbps
UQモバイル34ms24.9Mbps5.13Mbps
Y!Mobile27ms107.19Mbps30.36Mbps
楽天モバイル(rmobile.co)36ms40.68Mbps6.19Mbps
LINEモバイル44ms25.9Mbps3.24Mbps

スピードテスト結果グラフ

24時台②Ping(応答速度)ダウンロードアップロード
ドコモ(SPモード)32ms46.76Mbps4.84Mbps
au(LTEnet)43ms23.76Mbps3.56Mbps
UQモバイル38ms18.25Mbps6.47Mbps
Y!Mobile27ms118.12Mbps29.02Mbps
楽天モバイル(rmobile.co)38ms12.64Mbps8Mbps
LINEモバイル48ms34.19Mbps3.55Mbps

24時台は深夜なので空いているはずです。

どの回線も速度が出ています。楽天モバイルはの二回目の結果はあまり良くない感じです。

SIMの紹介

ワイモバイル

ワイモバイルはSoftBankの別ブランドなので当然ですがMVNOに比べて断トツで速く、au、ドコモに較べても高速でした。

ドコモ系のMVNOではないので電波の入りに不安も持つ方もいると思いますが、ドコモも電波の入りが悪くなる様な地下ですとピクトが立たなくなることが一回だけありましたが、それ以外は特に圏外になる事はありませんでした。

家族割引がY!Mobileにあるのでこちらは家族(本人も可)でメインに使うのに向いています。SIMカード単体での契約でもSプランで1万円、M/Lプランで1.5万円のキャッシュバックを行っています。

一般の人にはあまり関係ない気もしますがY!Mobileのバンドは1、3、8、41と世界で使われているバンドなので大部分のスマートフォンが快適に使用できます。

キャンペーンの情報については下記の記事を参考にして下さい。

参考 Y!mobile(ワイモバイル)のキャンペーンまとめ

Y!Mobile

UQモバイル

その次におすすめなのはUQ Mobileです。UQモバイルはauの回線を使ったMVNOになります。

3Gの電波がCDMA2000と言う世界的にみてあまり使われていない規格を使っています。

現在はLTE回線で通話をするVoLTEと言うのがありUQモバイルでスマートフォンを使う場合はau VoLTEに対応した機種を購入する事になります。
※CDMA2000に対応した携帯はauの白ロムやiPhone 7以前(iPhone 8/Plus/Xも対応していますが使えません)程度です。

メインで使う前提ですと「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」を契約する必要があり、2年間使わないといけません。

「データ高速プラン」でしたら3GBで980円なので同時待ち受けに対応した端末をお持ちの方や通話が不要な方におすすめです。

また、UQ Mobileでは「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」場合、家族割(本人も可)があり500円引かれるので家族で通話プランを契約し、メインで使うと言う使い方が良いかと思います。

下記のサイトから申し込むと手数料が無料なのとキャッシュバックが最大13,000円貰えます。

当サイト限定キャンペーン

UQモバイルのオンラインストアは下記のサイトになります。

UQモバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは回線の品質としてはそれほど良くはないですが悪くもない感じです。

特徴としてスーパーホーダイと言う5分間のかけ放題と最大1Mbpsの通信が無制限で行えるプランがあります。

また、格安SIMでは珍しくiPhoneの取扱を始めました。金額的に安くないのでさほどおすすめではないですがスーパーホーダイの割引と合わせて初期の費用が抑えられるのでそう言った点では良いかも知れません。

楽天モバイル

LINEモバイル

LINEモバイルは以前はドコモ系のMVNOでは一番高速でおすすめでしたが速度が低下したまま戻っていないので速度の面だけですとさほどおすすめな回線とは言えなくなりました。

LINEモバイルはSNSの通信がカウントされないプランがあるのとLINEで年齢認証ができるのが利点です。そういった点に魅力を感じなければ他のSIMの方が良いかも知れません。

LINEモバイル

コメント