Samsung、Galaxy S8、Galaxy S8+にAndroid 8.0 Oreoへのアップデートを配信開始

Galaxy S8 ニュース

Samsungは2月12日Galaxy S8、Galaxy S8+にAndroid 8.0 Oreoへのアップデートを配信開始します。

対象のモデルは国際版のGalaxy S8(SM-G950F)、Galaxy S8+(SM-G955F)です。

スポンサーリンク

Android 8.0 Oreo

アップデート内容

  • パターン、PIN、パスワードを設定している時のみ生体認証を使用可能に(アップデート前にロックの解除方法をスワイプまたはなし設定している場合は使用可能)
  • 通知カテゴリごとに通知の優先度を設定可能に
  • ホーム画面でのアプリショートカットの追加
  • アプリアイコンの通知バッジに通知パネルへのリンクが設定
  • バックグラウンドサービスの制限の強化
  • 稼働中のアプリの通知パネルへの表示
  • Edgeパネルのフォントサイズ、カラーの変更が可能に
  • 3つのEdge照明効果とカラーカスタマイズの追加
  • 新しい時計スタイルのロック画面と常時表示画面
  • ロック画面の通知の透明度が可能に
  • ミラーリング時に画面の明るさを変更可能に
  • Samsung DeX使用時にGame launcherを使用して全画面で表示可能に
  • BluetoothコーデックAAC、LDACなどに対応

など

アップデート後のビルド番号

Galaxy S8(SM-G950F)「G950FXXU1CRAP」

Galaxy S8+(SM-G955F)「G955FXXU1CRAP」

ソース

Galaxy S8(SM-G950F)アップデート情報

Galaxy S8+(SM-G955F)アップデート情報

コメント