ドコモ、Galaxy S8(SC-02J)、Galaxy S8+(SC-03J)へAndroid 8.0 Oreoアップデートを配信開始

Galaxy S8(SC-02J)ニュース
この記事は約2分で読めます。

ドコモはGalaxy S8(SC-02J)、Galaxy S8+(SC-03J)へAndroid 8.0 Oreoアップデートを4月19日より配信開始します。

スポンサーリンク

Android 8.0 Oreo アップデート

変更内容

  • ピクチャー イン ピクチャーの追加
  • スマートテキスト選択
  • オートフィル機能の追加
  • Always On Displayのデザイン追加
  • マイファイルの機能拡張
  • セキュリティパッチレベルが2018年4月に更新

など

アップデート方法

「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」と順に進み操作しアップデート出来ます。アップデート後のビルド番号はGalaxy S8(SC-02J)では「R16NW. SC02JOMU1BRC7」、Galaxy S8+(SC-03J)では「R16NW. SC03JOMU1BRC7」になります。

アップデートでの通信はカウントされないのでモバイル回線でも安心してアップデートが行えます。

アップデートには49分程度掛かりますので携帯を使用する予定がない時に行って下さい。

また、パソコンからも「Smart Switch」をインストールしてアップデートすることが可能です。

まとめ

最近はauに比べて配信が遅い事が多いドコモですがそこまで遅れる事なく配信がされています。

今回のアップデートで基本的にはGalaxy S9シリーズと同じ見た目機能になりました。

参考 カメラ、スピーカーが強化された Galaxy S9+ 実機レビュー

GalaxyはソフトウェアがかなりカスタマイズされているのでOreoになってもあまり変わった感じは有りませんがBluetoothコーデックの対応などOreoから盛り込まれた機能にも対応しています。

その他のOreoからの標準的な機能は下記の記事をご覧ください。

参考 Google、「Android 8.0 Oreo」正式発表 起動速度が2倍に!

参考 Google、「Android O」Developer Previewのシステムイメージを公開

ソース

Galaxy S8(SC-02J)アップデート情報

Galaxy S8+(SC-03J)アップデート情報

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました