合同会社分散型ソーシャルネットワーク機構、mstdn.jpのサービス終了

ニュース
この記事は約2分で読めます。

mstdn.jpを運営する合同会社分散型ソーシャルネットワーク機構は2020年5月25日、mstdn.jp及びmastodon.cloudを6月30日にサービス終了する事を発表しました。

【重要: msdtn.jp / mastodon.cloud サービス終了について】
ここ最近、インターネット上おける誹謗中傷に対する対応について、各社のニュース・SNS等で話題となっております。
参考ニュース例: https://www.jiji.com/sp/article?k=2020052500387

これらの影響に伴い、今後、訴訟や開示請求がより一般的となることや、
政府機関からの対応強化の指示、並びに法制強化などが実施される可能性が予想されます。

しかしながら、弊社の現在の体制ではそのような場合の事務負担増に耐えきれず、適切な対応が困難なことから、
mstdn.jp ならびに mastodon.cloud について、2020年6月30日をもってサービス提供を終了することにいたしました。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

引用元mstdn.jp

サービス終了の理由として挙げられているのはいわゆるプロバイダ責任制限法による発信者情報開示請求のあり方が変化していく事が予想され、合同会社分散型ソーシャルネットワーク機構の体制では対応が難しいとの事でサービス終了に至ったとの事です。

実際、総務省は「発信者情報開示の在り方に関する研究会」を開催しております。

参考 「発信者情報開示の在り方に関する研究会」の開催

今の時点ですとプロバイダ責任制限法による発信者情報開示請求は訴訟に至らないとほぼ開示されないのが現状です。

理由としては挙げられていませんがMastodon自体がマネタイズできるものではなくサーバー費用の赤字※が増えている点も当然ながら大きいでしょう。

※受贈益(贈与など)でトントンになっています

参考 合同会社分散型ソーシャルネットワーク機構 令和2年3月期財務諸表

追記合同会社分散型ソーシャルネットワーク機構がmstdn.jp 、mastodon.cloudの運営の引継ぎ・譲受を募集しています。

参考 合同会社分散型ソーシャルネットワーク機構がmstdn.jp / mastodon.cloudの運営引継ぎ・譲受募集中

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました