ASUS、CES2017でZenFone AR (ZS571KL)、ZenFone 3 Zoom (ZE553KL)の2機種を発表

ニュース

ASUSはAR技術Google Tangoに対応したハイスペックスマートフォンZenFone AR (ZS571KL)と光学2.3倍に対応したミドルレンジスマートフォンZenFone 3 Zoom (ZE553KL)の合計2機種のスマートフォンをCES2017で発表しました。

スポンサーリンク

スペック

asus-ces2017-zenfone-ar-zs571kl-zenfone-3-zoom-ze553kl-announcement-02

ZenFone AR

メーカーASUS
OSAndroid7.0
ディスプレイ5.7インチ 2560×1440 WQHD 有機ELディスプレイ
カメラフロントカメラ:8MP
リアカメラ:23MP IMX318(f / 2.0)4軸光学式手ブレ補正、光学3倍ズーム、レーザーオートフォーカス、Google Tango、TriCam System
カラーブラック
サイズ約158.67×77.7×4.6~ 8.95mm
重量約170g
バッテリー容量3,300mAh
microSDカード対応
SoC(プロセッサー)Qualcomm Snapdragon 821(クアッドコア)
メモリー6/8GB
ストレージ32/64/128/256GB(UFS2.0)
指紋認証対応
同時待ち受け3G、LTEの同時待ち受けに対応
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac(2×2 MIMO)
Bluetoothバージョン4.2
SIMスロットnanoSIMスロット×2
USBコネクターUSB Type C
発売時期2017年第2四半期に発売予定

ZenFone 3 Zoom

asus-ces2017-zenfone-ar-zs571kl-zenfone-3-zoom-ze553kl-announcement-03

メーカーASUS
OSAndroid6.0
ディスプレイ5.5インチ 1920×1080 FHD 有機ELディスプレイ
カメラフロントカメラ:13MP
リアカメラ:12MP IMX362 センサーサイズ1/2.55(f/1.7)4軸光学式手ブレ補正、3軸デジタル手ブレ補正、レーザーオートフォーカス、デュアルピクセルPDAF、光学ズーム2.3倍(合計12倍ズーム)、焦点距離59mm、焦点距離29mm
カラーネイビーブラック、グレイシアシルバー、ローズゴールド
サイズ約154.3×77×7.99mm
重量約170g
バッテリー容量5000mAh
microSDカード対応(nanoSIMスロット2と排他)
SoC(プロセッサー)Qualcomm  Snapdragon 625(オクタコア)
メモリー最大4GB
ストレージ32/64/128GB(eMCP)
指紋認証対応
対応周波数WW版
FDD-LTE(バンド1,2,3,5,7,8,20)
WCDMA(バンド1,2,5,8)
GSM(850,900,1800,1900MHz)IN / ID版
FDD-LTE(バンド1,3,5,8)
TD-SCDMA(帯域40)
WCDMA(バンド1,5,8)
GSM(850,900,1800,1900MHz)TW / JP / HK / SG / PH版
FDD-LTE(バンド1,2,3,5,7,8,18,19,26,28)
TD-LTE(バンド38,39,40,41)
WCDMA(バンド1、2、5、6、8、19)
GSM(850,900,1800,1900MHz)US / BR版
FDD-LTE(バンド1,2,3,4,5,7,8,17,28)
WCDMA(バンド1、2、4、5、8)
GSM(850,900,1800,1900MHz)CN版
FDD-LTE(バンド1、2、3、5、7、8)
TD-LTE(バンド38,39,40,41)
WCDMA(バンド1,2,5,8)
TD-SCDMA(バンド34,39)
GSM(850,900,1800,1900MHz)
VoLTE対応
同時待ち受け3G、LTEの同時待ち受けに対応
Wi-FiIEEE802.11b/g/n
Bluetoothバージョン4.2
SIMスロットnanoSIMスロット×2
USBコネクターUSB Type C
発売時期2017年2月発売予定

asus-ces2017-zenfone-ar-zs571kl-zenfone-3-zoom-ze553kl-announcement-01

まとめ

ZenFone ARはGoogle Tangoを搭載するスマートフォンです。Google Tango搭載のスマートフォンにはLenovoのPhab 2 Proが有ります。
LenovoがGoogle Tangoの1年間の独占販売権の契約が結んだのでZenFone ARの発売時期が遅いものと思われます。SoCは今回のCESでSnapdragon 835が発表されたので若干型落ちになります。Google Tango搭載機種としては今のところ2機種しか有りませんがAntutu Benchmarkで14万5千点程度と高性能ですので十分かと思います。

ZenFone 3 Zoomの私が思う魅力的な部分は170gとそこまで重くない割に5000mAhの大容量バッテリーを搭載していることです。ZenFone 3 Maxが以前に発表されましたがバッテリー容量が4100mAhに減ってしまい正直残念に思っていました。

FHDディスプレイ搭載、ハイエンドではありませんが高速なSoC Snapdragon 625を搭載しているので必要十分なスペックではあると思います。

また、Zoomシリーズなのでカメラも大きな魅力の1つです。前モデルと違いデュアルカメラを今回搭載しています。ASUSのスマートフォンとしてはデュアルカメラカメラの搭載は初めてだったと思います。Huaweiなどとは違い焦点距離の違うカメラを組み合わせて使用するタイプです。似た物はLGのG5やV20 PROが同じような仕組みを採用しています。

ZenFone 3 ZoomはスペックにJP版の記載が有りますので、まず間違いなく日本でも発売されるでしょう。ZenFone ARは記載がありませんので販売されるかは分かりません。また、どちらのスマートフォンも現時点では販売価格の記載はありません。
どちらの機種も特徴的なモデルでASUSらしいスマートフォンです。

ソース

ZenFone AR

ZenFone Zoom

コメント

タイトルとURLをコピーしました