au、Galaxy S7 edge(SCV33)へAndroid 8.0 Oreoアップデートを配信開始

Galaxy S7 edge(SCV33 ニュース

au(KDDI)Galaxy S7 edge(SCV33)へAndroid 8.0 Oreoアップデートを8月16日10時より配信開始します。

スポンサーリンク

Android 8.0 Oreo アップデート

変更内容

  • 音声コール画面のレイアウト変更
  • ピクチャー イン ピクチャーの追加
  • ホーム画面でのドロワー表示方法の変更
  • 通知パネルの通知に通知時間、アプリ名が表示される様に
  • アイコンバッジの追加
  • アプリの一部アイコンデザインと名称の変更
  • バックグラウンドで起動中のアプリを通知パネルで表示
  • Androidセキュリティパッチレベルが2018年8月1日に更新

など

アップデート方法

「設定」→「ソフトウェア更新」と順に進み操作しアップデート出来ます。アップデート後のビルド番号は「R16NW.SCV33KDU1CRH2」になります。

アップデートにはWi-Fi環境で45分、4G環境下で55分程度掛かりますので携帯を使用する予定がない時に行って下さい。

アップデートのデータ通信は通信量に含まれます。なのでWi-Fi環境(固定回線)でのアップデートがおすすめです。

本体のみでのアップデートには約1.6GBの通信が必要となります。

また、パソコンからも「Smart Switch」をインストールしてアップデートすることが可能です。

その場合はアップデートに約40分時間がかかります。

まとめ

すでに一部ではAndroid 9 Pieが配信されたデバイスもあるのであんまり速いとは言えませんがアップデートが配信されました。

参考 Google Android 9 Pieを配信開始

Galaxyはソフトウェアが標準からカスタマイズされているのでアップデートに時間がかかることは分かりますがGalaxy Note 8は4月にAndroid Oreoのアップデートが配信されているのでやはり遅いです。

参考 au、Galaxy Note8(SCV37)へAndroid 8.0 Oreoアップデートを配信開始

Oreoからの標準的な機能は下記の記事をご覧ください。

参考 Google、「Android 8.0 Oreo」正式発表 起動速度が2倍に!

参考 Google、「Android O」Developer Previewのシステムイメージを公開

ソース

au

コメント

タイトルとURLをコピーしました