Huawei、今後のGMS搭載について墺蘭GMで発言食い違う

ニュース
この記事は約2分で読めます。

Huaweiのオーストリアのゼネラルマネージャー(GM)とオランダのゼネラルマネージャー(GM)との間でアメリカの輸出規制解除後の所謂のGoogle Mobile Services(GMS)の搭載についての発言が食い違っています。

スポンサーリンク

説明

超大雑把に書くとオーストリアのゼネラルマネージャー(GM)の発言は輸出規制が解除された後にアメリカの政治的な理由でいつまた規制がされないとも言えないのでHuaweiはGoogle Mobile Services(GMS)に依存した状況から脱却したいとの事です。

オランダのゼネラルマネージャー(GM)の発言はGoogleは私達の長年のパートナーで輸出規制の解除後はGoogle Mobile Services(GMS)を利用できる様にするとの発言となっています。

それとイマイチどの場面で発言なのかよく分かりませんがAndroidのエコシステムは今でも第一の選択肢ですが、それが利用できない場合独自のエコシステムを開発する能力があるとの発言も有ったようです。

まとめ

ほんとはもっと色々な事を発言していますが本筋に関係ないので省略しています。

今の所Huaweiの公式声明は出てない様なのでGoogle Mobile Services(GMS)の今後の搭載について実際のところは分かりませんが、Huawei Japanに限って言えばHuawei MediaPad M6 10.8が技適を2019年の6月に通過していながら販売してない状況を考えるとGMSを搭載していない端末は今の所日本では販売しない方針と言えます。

ソース

Der Standard

Tweakers.nl 記者 Twitter

Engadget.com 記者 Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました