UQ mobile、2018年秋冬モデル発表 「R17 Neo」と「AQUOS sense2」の2つの新機種

UQ mobile、2018年秋モデル発表 「R17 Neo」と「AQUOS sense2」の2つの新機種 ニュース

UQ mobileは2018年秋冬モデル発表しました。発表されたのは 「R17 Neo」と「AQUOS sense2」の2つのスマートフォンの新機種になります。

スポンサーリンク

R17 Neo

R17 NEO

スペック

メーカーOPPO
カラーレッド、ブルー
OSColorOS 5.2 based on Android 8.1
SoCQualcomm Snapdragon 660 オクタコア
カメラリアカメラ 2,000万画素
リアカメラ 1,600万画素
フロントカメラ 2,500万画素
サイズ約158.3×75.5×7.4mm
重さ約156g
バッテリー3,600mAh
microSDスロットmicroSDXCまでの対応
ストレージ128GB
メモリー4GB
ディスプレイ6.4インチ 2340 x 1080 FHD+ 有機EL
防水非対応
防塵非対応
ネットワークGSM 850/900/1800/1900MHz
WCDMA Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE Bands 1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
TD-LTE Band 38/39/40/41下り最大279Mbps
SIMスロットnanoSIM×2
Wi-FiIEEE802.11b/g/n
Bluetoothバージョン5.0
指紋センサー搭載
テレビチューナー非対応
お財布ケータイ(FeliCa)非対応

発売時期

2018年11月下旬以降

価格

38,988円(税込み)

紹介

R17 NeoはOPPOのミドルレンジクラスのスマートフォンです。SoC(CPU)にSnapdragon 660搭載や先進的な画面内指紋認証などハイエンドでは有りませんが手堅くまとまったスペックです。ノッチの形はウォータードロップ型の小さなものです。

SoC(CPU)のSnapdragon 660のベンチマークについては同じSoC(CPU)を搭載したBlackBerry KEY2のレビューがあるのでそちらを確認下さい。

参考 DSDV、物理キーボード BlackBerry KEY2 Silver(BBF 100-8) レビュー

UQモバイル専売のスマートフォンですがバンド対応がドコモやソフトバンクで使うにも不自由しないような対応になっているのでその点も良いと思います。

また、ミドルレンジクラスでは珍しいトリプルスロット搭載なので2つのSIMとmicroSDカードが挿せます。

UQモバイルなどのスピードテストの結果はこちらをご覧ください。

AQUOS sense2

AQUOS sense2

スペック

メーカーSHARP
カラーシルキーホワイト、ピンクゴールド、ニュアンスブラック
OSAndroid  8.1
SoCQualcomm Snapdragon 450 オクタコア
カメラリアカメラ 約1,200万画素
フロントカメラ 約800万画素
サイズ約148×71×8.4mm
重さ約155g
バッテリー2,700mAh
microSDスロットmicroSDXCまでの対応
ストレージ32GB
メモリー3GB
ディスプレイ5.5インチ 2160×1080 FHD+
防水IPX5/IPX8
防塵IP6X
ネットワーク下り最大150Mbps
SIMスロットnanoSIM
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetoothバージョン4.2
テレビチューナー非対応
お財布ケータイ(FeliCa)対応

発売時期

2018年11月下旬以降

価格

36,396円(税込み)

紹介

AQUOS sense2はローエンドからミドルロークラスのスマートフォンAQUOS senseの後継モデルで順当に性能強化や18:9のディスプレイ搭載など進化したモデルです。

搭載するSoC(CPU)はSnapdragon 4xxシリーズのSnapdragon 450なのでローエンドに近いですがSnapdragon 625クラスの性能があるので一つ前のミドルレンジクラスの性能があります。

対応したスマートフォンを希望する方が多い防水、防塵、おサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

UQモバイルなどのスピードテストの結果はこちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました