ドコモのSIMロック解除の条件が変更、総務省の基準より緩く!

SIMニュース
この記事は約3分で読めます。

NTTドコモはSIMロック解除の受付条件を2017年5月24日から一部変更することを発表しました。

この変更はは総務省の「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」を受けての物で基本的な部分は指針通りですがドコモの今までのSIMロックの解除の受付条件を盛り込んだような感じになっています。

具体的な説明は後ほどさせて頂きますが利用者に対して有利になるような変更です。

スポンサーリンク

変更内容

受付条件

対象となる契約者変更後の受付条件
分割払いで機種を購入いただいた契約者機種購入日から100日が経過した日よりSIMロック解除の手続きが可能となります。
一括払いで機種を購入いただいた契約者機種購入日よりSIMロック解除の手続きが可能となります。

対象機種

2015年5月1日以降に発売された機種

詳細

ドコモの回線契約を解約済みの場合は解約日から100日以内ではSIMロック解除の手続きが可能となります。

分割払いの場合で有っても対象回線におけるSIMロック解除実績があり、更に前回のSIMロック解除受付から100日以上経過した場合は機種購入日から100日経過していない時でもSIMロック解除の手続きが可能となっています。

一括払いの即日SIMロックの解除は機種代金の分割払いの残債を全て精算された場合も含みますが、その支払いを確認できるまでの間は手続きが行えません。

端末購入サポートを適用して機種を購入いただいた場合は機種代金を一括払いされたとしても機種購入日から100日間はSIMロック解除の手続きが行えません。但し、端末購入サポート解除料を支払いいただいた場合は、SIMロック解除の手続きが可能となります。(その支払いを確認できるまでの間は手続きが行えません。)

対象機種を既に購入された契約者で有っても変更後の受付条件が適用されます。

まとめ

総務省の方針ですと変更は分割払いの緩和は2017年8月1日から、一括払いの支払い確認時点でのSIMロック解除は2017年12月1日から適応となっています。

ドコモは今回、2017年5月24日から変更すると言うことで利用者がより便利に使える様に努力していると言えるでしょう。

また、分割払いでのSIMロック解除を以前の180日の時と同じくSIMロックの利用実績で、購入日から100日より速く出来る様にしているのはかなり思い切った変更だと思います。

対象機種が2015年5月1日以降に発売された機種からなのは総務省ガイドラインにも記載されている事なので特に驚きは有りません。

総務省の指針については下記の記事を参考にして下さい。

【SIMロックが直ぐに解除可能に】総務省「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」を発表
総務省は2017年1月10日、「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」を発表しました。今回の改正では格安SIMでの同回線を使った場合SIMロック解除が不要になることや一括購入でのSIMロック解除が支払いが確認出来た時期に直ぐに行える...

ソース

ドコモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました