VAIO、DSDS対応のAndroid搭載スマートフォン「VAIO Phone A」を発表

VAIO Phone Aニュース
この記事は約3分で読めます。

VAIO株式会社はDSDS対応のAndroid搭載スマートフォン「VAIO Phone A」を発表しました。

3月30日より予約受付を開始し、発売日は4月7日となっています、

スポンサーリンク

VAIO Phone A

スペック

メーカーVAIO
OSAndroid 6.0.1
カメラリアカメラ 1,300万画素
フロントカメラ 500万画素
サイズ約156.1×77.0×8.3mm
重さ約167g
ディスプレイ5.5インチ 1920×1080 FHD
SoCQualcomm Snapdragon 617 オクタコア
メモリー3GB
ストレージ16GB
microSDスロットmicroSDXCまでの対応
バッテリー2800mAh
対応周波数3G B1/5/6/8/11/19

LTE B1/3//8/19/21

2CA対応

キャリアアグリゲーションB1+B19、B1+B21、B3+B19
同時待ち受けLTEと3Gの同時待ち受けに対応
SIMスロットmicro SIM×1 nano SIM×1(microSDと排他)
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Blutoothversion 4.2
センサーGPS、地磁気センサー、
ジャイロセンサー、加速度センサー
USBmicroUSB USB2.0
 付属品ACアダプター、充電ケーブルなど

発売日

4月7日

価格

オープンプライス 直販価格は24,800円(税込26,784円)

まとめ

「VAIO Phone Biz」と同筐体を採用しています。

仕様としては3G Band5に対応したのとDSDS(LTEと3Gの同時待ち受け)が可能になります。

また一番の違いは採用OSがWindows 10 MobileからAndroid 6.0.1搭載に変わりました。

このスマートフォンの魅力はアルミ削り出しのボディとDSDS(LTEと3Gの同時待ち受け)に対応している点です。

機能や価格帯的に競合するのはDSDSに対応するMoto G4 Plusやg07などが競合すると思います。大きな違いは指紋センサーの有無です。

それ以外にはMoto G4 Plusは2枚のSIMとは別にmicroSDがさせます。VAIO Phone Aはnano SIMスロットとmicroSDスロットが排他なのでこの点は魅力かと思います。

また、VAIO Phone AはAndroid搭載の状態ではドコモのIOT(相互接続試験)を通していないので正式対応とは言えませんがドコモVoLTEに対応しています。ネットワーク周りはLTE Band21やWi-Fi acに対応するなど強い感じです。

VAIO Phone Aを購入するとしたらデザインや価格が選ぶ基準になるかと思います。

購入リンク

ソニーストア

IIJmio

DMMモバイル

BIGLOBE

LINEモバイルなど

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました