MASSDROP X EMPIRE EARS ZEUS UNIVERSAL IEMS レビュー

レビュー
この記事は約5分で読めます。

MASSDROP X EMPIRE EARS ZEUS UNIVERSAL IEMSを購入しましたのでレビューします。

MASSDROP X EMPIRE EARS ZEUS UNIVERSAL IEMSは名前のとおりdrop(MASSDROP)とEMPIRE EARSのコラボモデルで以前のフラグシップモデルZeus XIVのユニバーサルモデルになります。

スポンサーリンク

MASSDROP X EMPIRE EARS ZEUS UNIVERSAL IEMS

スペック

製品名MASSDROP X EMPIRE EARS ZEUS UNIVERSAL IEMS
ヘッドフォンのタイプカナル型インナーイヤホン
ドライバーバランスドアーマチュア
2つのロー、6つのミドル、6つのハイ
ネットワーク7-way proprietary crossover network
カラークリアブルー
イヤホン接続端子0.78mm 2Pin(IEMタイプ)
プラグサイズ3.5mmステレオミニイヤホンプラグ
インピーダンス10Ω
音圧感度119dB
再生周波数帯域10Hz-20kHz
付属品ハードシェルキャリングケース、Final Audio(S’Next)製の5ペアのシリコンイヤーチップ:XS–XL、クリーニングツール、マイクロファイバークロス、クイックスタートガイド

パッケージ

 

黒と白のシンプル目なパッケージです。

パッケージのスリーブを外すとmassdropとEMPIRE EARSのロゴが見えて来ます。

箱を開けるとmassdrop X EMPIRE EARSのシールが見えます。

付属品

 

付属品はイヤホンケーブル、ハードシェルキャリングケース、Final Audio(S’Next)製の5ペアのシリコンイヤーチップ:XS–XL、クリーニングツール、マイクロファイバークロス、クイックスタートガイド、シールとなっています。

イヤホンケーブルはこんな感じでチープな感じです。

外見

 

イヤホンの形状はそんなに変わった形ではないですが14個もドライバーを積んでいるのでかなり厚みが有るのが分かると思います。ABS樹脂製なので高級感は感じられません。

 

イヤホンへの接続端子は0.78mm 2Pinの埋め込み型になっています。

カナル部分はステンレス製になっていて経のサイズは太めです。

イヤーピース

付属のFinal TYPE Eのイヤピースはカナルの太さに合っておらず無理に付ける感じだったのでAZLA SednaEarfit Light Shortに交換しました。

 

イヤピースを付け替えた方が開口部が広く高音が出て元のイヤピースより自分としては良いです。

リケーブル

付属のケーブルは安っぽいのとアンバランスなので銀線の2.5mmのケーブルに交換しました。

ちょっとの差ですが高音がより出る様になって解像感が少し改善したかなと思います。

ケース

付属するケースは金属製でイマイチ使い勝手が良くないのでケースを買いました。

miniの方がサイズ的にはピッタリな感じです。イヤホンに厚みがあるので入りますがギッチリ詰まっている感じになります。

通常サイズの方は厚みはこのイヤホンだと少し余裕が有って丁度いい感じですがかなりスペースが余ります。

私は通常サイズの方をこのイヤホンを入れるのに使っていてminiの方は他のイヤホンを入れるのに使っています。

音質

音質の評価は主にGRANBEATに繋いで聴いて書いています。

音のバランスはフラットに聞こえます。BAのみなのに低音がしっかり出ている印象です。高音は刺さりはないですが伸び感がないので地味かなと思います。音場がとても縦に広く独特の音場感が有ります。

14個ものドライバーを搭載し7ウェイの複雑なネットワークな為か解像感はあまり高く有りません。なんと言うか音に厚みがある感じで悪く言うと濁って聴こえます。

音質の評価とはちょっと違いますがあまりに感度が高すぎてノイズが乗り易いのと音量調整がしづらく使いやすくはないです。

装着感

外見の部分でも触れた様にかなり厚みがあるので耳から飛び出し装着感はあまり良くはないです。

音漏れ

音漏れはベントも無いですしあまり有りません。音漏れが気になる事はないと思います。

遮音性

遮音性はカナル型のイヤホンとしては若干悪い気がします。イマイチ私の耳に合っておらず密着度が低いので遮音効果がちょっと低いのかも知れません。

まとめ

結論としては個人的にはあまりオススメでは有りません。私は割とハッキリした感じの音が好みなので評価が辛くなっているのは否めません。

価格もフラグシップモデル時の値段に比べれば半値以下ですがそれでもイヤホンとしてはかなり高価格帯ですし価格に見合う音とは思えません。

購入リンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました