ASUS初のジンバル「ZenGimbal」レビュー

レビュー
この記事は約4分で読めます。

メーカーからジンバル「ZenGimbal 」を貸して貰ったのでレビューしようと思います。

スポンサーリンク

ASUS ZenGimbal

スペック

モデルASUS ZenGimbal
大きさ展開時 240 x 109 x 115 mm
折りたたみ時 162 x 103 x 50 mm
重さ(本体のみ)466g
対応可能サイズ厚さ ≤12 mm
横幅 58~86 mm
縦 ≤ 180 mm
対応可能重量260g
バッテリー容量2900mAh
充電時間約2.5時間
機械的な可動範囲パン軸 360° (制限なし)
チルト軸 330°
ロール軸 140°
動作温度-10℃から 45℃まで
アプリ対応OSiOS13 以降
Android 10以降

パッケージ

白地に製品画像のよくある感じのパッケージではないかと思います。

背面には使用する場面のイメージなどが載っています。

側面には付属品の一覧が有ります。

アプリのQRコード、製造年月などの情報が記載されています。

リサイクルマークや各種認証などが書いてあります。

付属品

付属品はキャリーバッグ、キャリーケース、リストストラップ、カウンタウエイト、三脚、USBケーブル、説明書などになります。付属品は比較的豊富な方ではないかと思います。

付属する三脚は簡易的な感じです。

外見

畳んだ状態ですとこんな感じです。基本的にはつや消しの仕上げになっています。

アルミニウムが多用されていてしっかりした感じです。所々プラスチックの箇所もあります。

ジョイント部分はスピン仕上げでASUSらしさが出ています。

ボタンはパッド、電源/録画ボタン、モードボタン、ズーム/ズームアウトのボタンがついています。

周辺機器ですと未だにUSB Type Cへの移行が進んでいない感じが有りますがしっかりUSB Type Cなのは良いですね。

技適マークが入っています。三脚穴、ストラップホールも有ります。

実際に開いてASUS ROG Phone 3を載せてみたのがこちらの写真になります。

モード

パンフォローモード

パン軸(水平)のみ動作しチルト軸(垂直)とロール軸(回転)はロック

フォローモード

パン軸(水平)とチルト軸(垂直)が動作しロール軸(回転)はロック

ロックモード

パン軸(水平)とチルト軸(垂直)、ロール軸(回転)のすべてがロック

POVモード

パン軸(水平)とチルト軸(垂直)、ロール軸(回転)が動作

ボルテックスモード

パン軸(水平)のみ動作しチルト軸(垂直)とロール軸(回転)はロック

アプリ

アプリの撮影時の画面はこんな感じです。ペアリングしているとZenGimbalのバッテリー残量なども表示されます。

AF設定は被写体、フェイスが選べます。

各種カメラの設定が行えます。

フィルターの種類はかなり豊富で画面に写っている物以外にも色々あります。

セルフタイマー機能もあります。

ホワイトバランスの種類も割と多い気がします。

グリッド機能も載っています。

レンズを選択できます。

マニュアルモードではISO、ホワイトバランスなどが手動設定出来ます。

ビデオ解像度は端末によって選べるフレームレートが違います。上記の画像はROG Phone 3の場合です。

iPhone 12 Proの場合だと選べる解像度、フレームレートはこうなっています。

写真の縦横比を選べます。

パラメータ設定ではチルト、パンの速度、反転が設定できます。

実際の利用時


完全に揺れがなくなる訳では有りませんが動きがスムーズになり酔う感じが低減されています。

まとめ

ジンバル自体初めてレビューするので比較は出来ませんが、超広角でも写り込まない超広角モードが特に良いと思います。

微妙に使いづらいと感じたのはスマートフォンの端に近い部分を掴む様になっているのでカウンタウエイトを付けないと重い機種ですと上手くバランスが取れない事が多い点です。

購入リンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました