ハイブリットイヤホン「Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD」レビュー

レビュー

海外ECサイトのGearBest様からXiaomiのイヤホン「Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD」をレビュー用に頂きました。
Xiaomiは結構な数のイヤホンを出していて日本でも振動板にベリリウムを採用しているPiston 2はかなり人気がありました。そんなXiaomiの新作イヤホンがXiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HDです。

スポンサーリンク

パッケージ

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review009

GearBestからの梱包は一応エアクッションの中に商品が入っていたので海外の通販としてはまあまあマシな方でした。

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review003

パッケージには商品の画像とHi-ResAudioの表記がされています。ハイレゾ対応の再生機器の定義は40kHz以上の再生可能か?などなのですがこの規格は減衰が定義の中に入っていないのでそこまで意味がある規格とは私は思えません。

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review005

箱は多少潰れていました。

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review006

付属品はケースとポーチ、説明書が入っています。

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review-010

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review008

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review016

イヤホンの収め方はかなり独特です。シリコン部分にイヤホン、リモコンが嵌めれていて外周部にコードを巻いてあります。
イヤホンにはあらかじめMサイズのイヤピースが装着されています。その他のイヤピースはプラスチックケースに嵌めてあります。
ケースの作りはかなりしっかりしているのでケースとして残していてもいいと思います。パッケージの裏にも書いてありますがイヤホンは1MOREのデザインの様です。

外見

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review002

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review012

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review013

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review015

hybrid-earphones-xiaomi-mi-in-ear-headphones-pro-hd-review014

コードは熱可塑性エラストマー(TPE)を使用していてある程度のグリップ感は有りますがサラサラとしていて絡まりづらいです。
アルミ部分はほとんどがサンドブラストで仕上げてあり上品な輝きがあります。アルミ部分はダイヤモンドカットされている部分も有りカッコイイです。イヤホンの側部はスピン加工がしてあります。イヤホン部分だけでは無くリモコン、イヤホンジャック部分もアルミ出来ていてかなり質感は良いです。

スペック

製品名Mi In-Ear Headphones Pro HD
モデルナンバーQTEJ02JY
ヘッドフォンのタイプカナル型インナーイヤホン
ドライバー1BA+2DD(ダイナミックドライバーの振動板にグラフェンを使用)
重さ17g
カラーシルバー
マイク有り
有線式リモコン3ボタン式
プラグサイズ3.5mmステレオミニイヤホンプラグ
定格出力5mW
インピーダンス32Ω
音圧感度98dB
再生周波数帯域20 – 40,000 Hz

※グラフェン(炭素原子が蜂の巣状に共有結合した炭素原子1個分厚みのシート状の物質)

グラフェンの特性

グラフェンは強靭でしなやかです。また、原子一層分の厚みしか無いためとても軽量です。そして、ダイヤモンドより硬度は高い物質です。

イヤホンの素材の振動板として優れているのは高い剛性による歪率の低さ、軽量さによる応答の速さなどの特性が優れているようです。振動板をグラフェンで作ると高周波数まで再生可能になるようです。Xiaomiの他にはMaxellがイヤホンのダイヤフラムにコーティングして使用しています。

Mi In-Ear Headphones Pro HDの感想

音質

解像感は高めで分離も良いです。音場は広めで横に長い感じがします。

高域にピークがある為かサ行やハイハットが刺さる感じが有ります。

低音はそこまで量は多くないですが締まった質がいい低音で聞いてて心地よいです。ローの本当に低いところまでは出てないと思います。

音量はそこまでイヤホンとしては取りやすく無いです。

バランスとしてドンシャリだと思います。低音よりは高音が強めでキラキラしていて刺さる感じがあるのでちょっと好みが別れると思います。

装着感

装着感は普通で特別悪くも良くもないです。装着感が最悪なSONY MDR-EX800STと比べるとまあまあ良いです。

タッチノイズはそこそこ有りますが気になるほどでは無いです。筐体が小さめなので横になってもあまり圧迫されません。

音漏れ、遮音性

イヤホンの横の部分にダイナミックドライバーを採用している為ベント(穴)が有るので音漏れは結構有ります。遮音性はそんなに良くはないのでイヤホンを着けていてもある程度周りの音が聞こえます。

リモコン

Androidでは上と下のボタンで音量の上下と長押しで次の曲に飛ばす事と前の曲に戻る事が出来ます。更にセンターのボタンで曲の再生停止が出来ます。また、長押しでGoogle音声検索などを起動できます。

iOSでは上下のボタンは使えませんがセンターボタンの1回押すと再生、停止を切り替えられます。また、2回押しで次の曲3回押しで前の曲と操作できます。センターボタンを長押しするとSiriが起動します。

まとめ

この価格帯でこの音質、質感は素晴らしいと思います。低音が欲しい方にはオススメ出来ませんが低価格で解像感や高音を重視したイヤホンが欲しい方には手放しでおすすめ出来ます。この価格帯のハイブリットのイヤホンですと他にKZ ZSTなどが有りますが断然こちらの方が私としては良かったです。

購入する時は前のモデルのイヤホンと名称とデザインが似ているので間違えないように気をつけて下さい。GearBestでの名称はOriginal Xiaomi In-ear Hybrid Earphones Proとなっています。
GearBestでの価格は1月24日時点ではセール価格で$24.99になっています。

Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD

コメント

タイトルとURLをコピーしました