スマホをカーナビ代わりに使用可能 Inateck スマートフォン車載ホルダー ST1008 レビュー

レビュー

あなたは自動車に乗っている時にはスマートフォンはどうしていますか?

まさか手に持ったまま運転している方はいないと思いますが、停車中にスマホでどこに行こうか検索して目的地を決めている方も多いと思います。

そんな時に役立つのはスマートフォンを車載出来るホルダーです。この様な車載ホルダーがあると手で持っているのと違い、直ぐに操作を止めれて便利です。更に音声操作なら運転中も可能です。

また、運転中に注視するのは道路交通法違反ですが、少し見る程度でしたら法律違反ではないのでナビゲーションを見て運転する事も可能です。
※注視の禁止はスマートフォンに限ったことではなくカーナビなどにも適用されます。

今回紹介するのはInateck スマートフォン車載ホルダー 「ST1008」です。今回の製品はInateck様から提供して頂いてレビューしています。

スポンサーリンク

パッケージ

inateck-smartphone-holder-st1008-review-010

箱には商品の絵とInateckのメーカーロゴが白く描かれています。かなりシンプルな包装と言えます。また、3つ入っている割には小さなダンボール箱にコンパクトに商品が詰め込まれています。

inateck-smartphone-holder-st1008-review-009

個別にビニール袋でカバーされています。説明書が付いていて説明書には日本語もあります。

外見、機能説明

inateck-smartphone-holder-st1008-review-003

スマートフォンを挟むロックアーム部分です。スマートフォンの背面、側面が当たる部分はウレタンゴムを使っています。他の部分はポリ塩化ビニルを使用しています。

inateck-smartphone-holder-st1008-review-004

inateck-smartphone-holder-st1008-review-005

ロックアームのスマホ取り付け部分はスライド出来る様になっていまして、バネの力で戻り固定される様になっています。

inateck-smartphone-holder-st1008-review-012

こちらは商品説明ですとエアベントホルダーと呼ばれているものでエアコンの吹き出し口を下ののウレタンゴムで造られた十字の部分で挟んで使う様になっています。

inateck-smartphone-holder-st1008-review-002

inateck-smartphone-holder-st1008-review-006

真空吸着カップと説明では呼ばれています。吸盤ですねダッシュボードなどに貼り付けて使用します。フロントガラスに貼り付けると道路運送車両法違反になるようなのでフロントガラスには貼り付けないようにして下さい。貼り付けた後レバーを下げて固定します。

全体としてしっかりとした作りで特にロックアームのスライド部分がグラつきが少なく精度が高く作っているのがわかります。主にプラスチックで出来ているのでそこまで高級感はありませんがツヤ消しの表面の仕上げは悪くありません。ロックアームの側面の外側はツヤの有る仕上げになっています。

スマートフォン車載ホルダーの使用感

inateck-smartphone-holder-st1008-review-015

inateck-smartphone-holder-st1008-review-014

inateck-smartphone-holder-st1008-review-013

エアコンの送風口に取り付けた場合はこんな感じです。
この時は運転していなかったので助手席側の吹き出し口に取り付けています。

ロックアームとエアベントホルダーの部分はボールジョインとになっているので180程度自由に方向、角度を変えられます。

inateck-smartphone-holder-st1008-review-016

inateck-smartphone-holder-st1008-review-017

inateck-smartphone-holder-st1008-review-018

スマートフォン車載ホルダーをダッシュボードに吸盤で設置した時の画像が上記の物です。
前に書いたとおり180程度角度が調整可能ですが、私が乗っている乗用車がダッシュボードに角度がついてる為一番スマートフォンの角度が地面に対して直行になるようにしても写真の角度までが限界でした。

私がレビューに使用したセレナですとダッシュボードの表面が凹凸の有る仕上げになっている為、また、使ったスマートフォンが200g程度有る所為なのか運転中に落ちてくる事がありました。車載ホルダーごと落ちた時でもロックアームの固定がしっかりしている為スマートフォン自体は外れませんでした。
現在では吹き出し口に差し込むタイプのエアベントホルダーの方を使っています。

スマートフォンの車載ホルダーの種類

スマートフォンの車載ホルダーにはスマートフォンの固定方法として、今回紹介したスマホを挟むタイプやマグネット式のものが大きく分けてありますが、マグネットタイプでの不便な所としてスマートフォン毎にケースや本体に金属板の取り付けが必要となります。
取り付けられる大きさに融通がききますが、普段使わない時にも不要な金属板を付けていなければならない点がイマイチな点です。

その点挟む車載ホルダーですと横幅の制限は有りますが、普段使っているスマホに特に何かを付ける必要がない為家族や友人のスマートフォンを取り付けも出来ます。

製品仕様では横幅の制限は5.3cmから8.7cmになっています。AmazonのレビューですとXperia Z Ultraを挟めるとレビューしている方もいました。
私も実際に挟もうとしたところ、Xperia Z Ultraの横幅は92mmなのでギリギリ挟めない事も無さそうでしたがホルダーが壊れそうでしたので止めました。Inateck スマートフォン車載ホルダー 「ST1008」では6インチのスマートフォン程度がサイズの限界になると思います。

今回のスマートフォン車載ホルダーに限った話ではありませんがXperiaなどの横の中央に電源ボタンが有るスマートフォンですとセンターを外す様に取り付けなければならないので重量のバランスが悪い取り付け方になってしまいます。

更に自動車への取り付け方法にもエアコンの吹き出し口に取り付けるタイプとダッシュボードに取り付けるタイプが有りますが、今回の商品ではどちらも使える様になっています。なので使用方法に合わせてどちらの取り付けを使うか選べます。

まとめ

今回のInateck スマートフォン車載ホルダー 「ST1008」は2つの設置方法が使えしっかりした作りなのでオススメできる商品と言えます。スマホをカーナビ替わりに使いたい方やスマートフォンの情報を確認したい人は購入してもいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました