「OPPO Reno5 A」全色実機レビュー

レビュー
この記事は約11分で読めます。

シルバーブラックとアイスブルーのOPPO Reno5 Aを購入したのでレビューします。

  • おサイフケータイ対応
  • 防水防塵対応
  • 豊富にカスタマイズ可能なソフトウェア
  • 快適な動作
  • 90Hzのリフレッシュレートに対応
  • 5G対応
  • 高速な指紋認証
  • 4つカメラが搭載されているのに望遠カメラは非搭載
  • 指紋認証の位置が少し高い
  • Y!mobile版プリインストールアプリの多さ
  • AOSPからかけ離れてたソフトウェア
スポンサーリンク

OPPO Reno5 A

スペック

メーカーOPPO
カラーシルバーブラック、アイスブルー
OSColorOS 11 based on Android 11
SoCQualcomm Snapdragon 765G オクタコア
カメラリアカメラ 約6,400万画素 F/1.7 メイン
リアカメラ 約800万画素 F/2.2 超広角
リアカメラ 約200万画素 F/2.4 モノクロ
リアカメラ 約200万画素 F/2.4 マクロ
フロントカメラ 約1,600万画素 F/2.0
サイズ約162.0x74.6x8.2mm
重さ約182g
バッテリー4,000mAh
急速充電USB Power Delivery 2.0、Quick Charge 2.0対応(18W)
ストレージ128GB
メモリー6GB
ディスプレイ6.5インチ 2400 x 1080 FHD+  90Hz
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
対応周波数5G FR1 Band n3/n28/n77/n78
FDD-LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/
19/26/28
TDD-LTE Band 38/39/40/41/42
W-CDMA Band 1/2/4/5/6/8/19
GSM 850/900/1800/1900MHz
※Y!mobileモデルは5G FR1 n78非対応
SIMスロットnanoSIM×2(1つはmicroSDと排他)、eSIM×1(利用時nanoSIM1つ利用不可)※Y!mobileモデルはnanoSIM×1のみ
microSDスロットmicroSDXCまでの対応
USBコネクターUSB Type-C(USB 2.0)
Bluetooth5.1
生体認証指紋認証、顔認証(通常のカメラによる)
センサー地磁気センサー、環境光センサー、色温度センサー、近接センサー、加速度センサー、重力センサー、ジャイロセンサー、歩数計
FeliCa(おサイフケータイ)対応
防水防塵IP68
付属品SIM取出し用ピン、安全ガイド、クイックガイド、保護フィルム(貼付済み)、保護ケース

パッケージ

パッケージは青緑と黒のラインが特徴的なパッケージです。なかなかオシャレな感じです。

側面には仕様やカラーなどが書いてあります。

裏側には注意書き、カラー、製造年月日、付属品などが記載されています。横と被っていますね。

箱を開けるとケースなどの付属品が入った箱が見えてきます。

小箱を退けるとスマートフォン本体が現れます。

大体のスマートフォンはそうな気がしますがフィルムに包まれています。

付属品

付属品はTPUケース、SIMピン、クイックスタート、注意書きです。最初からケースが付属しているのは中国のメーカーですと多いですが便利です。

加えて本体に液晶保護フィルムが予め貼られています。

OPPO Reno5 AにはSIMフリーモデルでもACアダプター、USBケーブルが付属していないので購入が必要です。USB Power Delivery 2.0とQuick Charge 2.0の2つの充電規格に対応していますが、私としてはUSB PDへの対応が主流になっているのでそちらの方がオススメです。

このスマートフォンへの充電のみでしたらこちらの20WのACアダプターがいいと思います。

ノートパソコンも充電する予定があるのでしたらAnker Nano II 45Wが出力の割にコンパクトでオススメです。

USBケーブルは固くてもいいのならVerbatimのケーブルがオススメです。もう少し柔らかいのが良ければCIOのケーブルがいいと思います。

外見

シルバーブラック、アイスブルーのどちらにするか決められなかったで両方買いました。外見の部分では両方紹介します。

今までのOPPO Reno Aシリーズのティアドロップ型のノッチからパンチホールになっています。ベゼルの太さは前のモデルと大差有りません。

背面には製造番号などが書かれたフィルムが貼られています。

背面はシルバーブラックでは上が銀色、下になるにつれ黒にグラデーションしています。アイスブルーはスマートフォンでは見ないような可愛いブルーです。

端の部分がカーブしている今のスマートフォンではよくある形です。持ち易くなるので合理的な形ではないかと思います。

角度を変えて背面を眺めると光の反射がキレイです。シルバーブラックは光の当たり方で色が違って見えます。

 

カメラの出っ張り具合は写真の通りです。カメラ周りの部分もカラーに合わせてしっかり変えてきています。

 

右側面には電源ボタンのみとなっています。

 

右側面はSIMスロット、音量ボタンがあります。

 

上側面はマイクのみです。

 

下側面は左からスピーカー、USBポート、マイク、イヤホンジャックです。

側面の色もカラーに合わせた鏡面仕上げです。更にシルバーブラックは側面のカラーも背面と同じくグラデーションしているのが凝っています。

比較

一応違うカラーで並べた写真です。

OPPO Reno Aシリーズを並べました。左からOPPO Reno A、OPPO Reno3 A、OPPO Reno5 Aになります。OPPO Reno Aが少し小さいくらいでサイズはあまり変わっていません。

そこそこ競合するかと思うスマートフォンと並べてみました。左からXperia 10 II、OPPO Reno5 A、Xiaomi Redmi Note 9Tになります。

参考 ソフトバンク「Xiaomi Redmi Note 9T」レビュー

左からAQUOS sense4、OPPO Reno5 A、Xiaomi Redmi 9Tになります。

参考 AQUOS sense4 SH-M15 レビュー

ベンチマーク

3DMark

Overall score3303
Graphics score3284
Physics score3373

PCMark

Work 2.0 performanceスコア9113

Geek Benchmark

シングルコアスコア621
マルチコアスコア1766

OPPO Reno3 A

3DMark

Overall score1171
Graphics score1023
Physics score2372

PCMark

Work 2.0 performanceスコア6577

Geek Benchmark

シングルコアスコア311
マルチコアスコア1334

OPPO Reno A

3DMark

Overall score1846
Graphics score1686
Physics score2765

PCMark

Work 2.0 performanceスコア6825

Geek Benchmark

シングルコアスコア314
マルチコアスコア1460

ベンチマークの結果はすべてOPPO Reno5 Aが一番いい結果になっています。特にシングルコアのスコアは2倍ぐらい差が出ています。GPUのスコアはOPPO Reno Aに比べて1.5倍くらいです。

動作

まだ届いたばかりなのであまり使えていませんが動作はサクサクで更にディスプレイが90Hzのリフレッシュレートに対応しているのでスクロールもすこぶる滑らかで文句なしです。

ネットワーク

Y!mobile販売のモデルを購入しましたがバンドはSIMフリーモデルと変わらず、VoLTEも当然Y!mobile VoLTEが使え、それに加えてau VoLTE、docomo VoLTE、Rakuten VoLTEが利用可能なのを確認しています。

指紋認証

指紋認証はエラーもほぼなく、認証の速度も十分速いです。難点は指紋センサーの位置です。若干上寄りでもう少し下の方が認証し易かったと思います。

具体的にはGoogle Pixel 5くらいの高さが良かったかなと思っています。

参考 Google Pixel 5 レビュー Antutuベンチマーク·スペック·ケースなど

背面に指紋センサーが移ったのは液晶パネルを採用しているので設計上仕方がない事ですが、私個人としては前モデル比べて劣化ではないかと思います。
この部分は画面内指紋認証ではない方がエラーや速度の面からいいと言う考えも人によっては有ります。

持ちやすさ

今どきのスマートフォンとしては標準的なサイズで格別持ちやすくは有りませんが特に持ちづらいとも感じません。

メモリー/ストレージ

初期状態でのストレージの占有率は画像の通りです。128GBあるのでまあ大概の人は十分な空きではないでしょうか。それでも足りない場合はmicroSDカード利用できます。

初期状態でのメモリーの空き容量はこんな感じです。超大容量では有りませんが十分なメモリー容量ではないでしょうか。

プリインストールアプリ

Y!mobile版なのでプリインストールアプリは多いです。

ディスプレイ

ディスプレイは有機ELではなく液晶です。発色も問題ないと思います。色味が青っぽいかなとは思います。90Hz駆動に対応しているので表示が滑らかです。

アクセサリー

ケース

付属のケースがしっかりしているのでそのまま使っています。

フィルム

最初から貼っているフィルムを使っていますがSIMフリー版が出てアクセサリー類が増えてきたら全面ガラスフィルムを購入しようと思っています。

まとめ

機能や性能、質感も良いスマートフォンで価格もそれほど高くないと防水防塵、おサイフケータイが欲しい方で独自UIが嫌いではない人にはかなりオススメです。

更に今ならY!mobileでは機種変更でもオンラインストアなら18,000円で購入できます。更に3,000円分のPayPay残高をプレゼントするキャンペーンも開催中です。

参考 ワイモバイル(Y!Mobile)、OPPO Reno5 Aを21,600円引きに!

購入リンク

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました